魔力消沈/Power Sink

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Power Sink / 魔力消沈 (X)(青)
インスタント

呪文1つを対象とし、それをそれのコントローラーが(X)を支払わないかぎり、打ち消す。支払わなかった場合、そのプレイヤーは自分がコントロールするマナ能力を持つすべての土地をタップし、自分のマナ・プールを空にする。


X点のマナをつぎ込むタイプのカウンター呪文の元祖。対戦相手の残しているマナより多くのマナを支払わないと打ち消せないが、相手がマナを支払わなければカウンターと共に相手の土地を全てタップさせるという効果を持つ。

コンボデッキアンタップ阻害系のロックデッキではそのメリットのために重宝された。打ち消すこと自体を目的とせず、相手をタップアウトさせるためだけに、相手が唱えたなんでもない呪文に対して全力でXを支払って唱えることもあった。実際、アジア太平洋選手権98の決勝トーナメントでは、中途半端にマナが残るにも関わらず全力で唱え、支払わせた返しのターンでパンデモノートコンボ→対抗呪文→マナ漏出の応酬で再度カウンターするマナが足りずに勝敗が決した。

かつてはインタラプトだったため、枯渇/Mana Shortより優秀とされた。当時インタラプトに対応することができたのはインタラプトかマナ・ソースだけで、これの解決前にはインスタントで対応することはできなかった。第6版のルール改正でインタラプトはインスタントに統合されてしまい、この呪文は大きく力を落としてしまった。

これが使えた期間では常に対抗呪文/Counterspellが使用でき、ほとんどの場合でそちらが使用されてきたが、まだデュアルランド以外に強力な対抗色土地が生まれてなかったため、それらが使えないスタンダードにおいて対抗色のデッキを組む場合、まれに対抗呪文を押しのけてメインカウンターになることもあった。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif