静かなる焼炉/Quiet Furnace

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

静かなる焼炉/Quiet Furnaceは、ミラディン/Mirrodinにおける新ファイレクシア/New Phyrexiaの5つの体系のひとつであるマナに列する派閥。その哲学は「産業化 」。

目次

[編集] 概要

ミラディンの地表との間に比較的新しく生まれた「溶鉱炉階層/Furnace Layer」を拠点とし、新ファイレクシアの物資や産業を職務としている。地表の大焼炉も全てをファイレクシア化しており、カルドーサ/Kuldothaのものは生物的特徴を示し始めている。

派閥のものの形態は職能により適合するように専門化されている。

[編集] 多様化と不統一性

旧来のファイレクシア/Phyrexia黒マナにのみ関連していた。五つの太陽によってすべてのマナに拡がったミラディンのファイレクシア人はそれぞれのマナに影響された性質をも持つこととなる。赤マナの影響によって、この派閥のファイレクシア人たちは個人主義、憐れみ、激情、自由といったファイレクシアとは相反する概念を持ち合わせるようになり、その事に彼ら自身も戸惑いを感じている。

この派閥を率いる法務官/Praetorウラブラスク/Urabraskは彼らの戸惑いに応えるかのように、溶鉱炉階層に避難してくるミラディン人を放置するように布告しており、そこは一種のミラディン人の聖域と化している。

[編集] 所属する者

  • 炉炊きのケセック/Kethek,furnace stoker
  • 責め苦の総督、ジュエクス/Juex, tormentor exarch

[編集] 参考

QR Code.gif