ホワイト・ライトニング

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ホワイト・ライトニング(White Lightning)は、エラッタが出る前の要撃/Waylayを使ったテクニック、及びこのギミックを搭載したデッキのこと。


旧オラクル

Waylay / 要撃(登場時) (2)(白)
インスタント

騎士トークンを3個場に出す。これらのトークンは2/2の白のクリーチャーとして扱う。ターン終了時にこれらのトークンをゲームから取り除く。


目次

[編集] 解説

第6版導入時のルールにおける、ターン終了ステップ(現在の終了ステップ)における「ターン終了時に」のチェックのタイミングの隙を突いている。

当初の要撃のルール文章では、対戦相手のターン終了ステップに唱えトークンを出すと、トークンを追放するのは次の自分のターンの終了時になっていた。そのため、自分のターンには召喚酔いが解けたトークンで攻撃することができ、まるで白いボール・ライトニング/Ball Lightningのように機能した。

このようなことが可能だった背景には、第6版導入時の大幅なルール変更が関係している。要撃が登場したときのルールではエラッタ前のルール文章でもこういったことはできなかったのだが、ルール変更によって上記のようなターン終了ステップの穴が発生してしまったのだ。

当時は十字軍/Crusadeも現役であり、このテクニックは非常に強力であった。しかし、意図した使い方のカードになっていないという意味も含めて「要撃は戦闘フェイズの間にしかプレイできない。」という文を追加するというエラッタが出され、このテクニックを使うことはできなくなった。2006年10月のオラクル改定で、当初の挙動と近いものとなるように、「次のクリンナップ・ステップの開始時に追放する」(当時のオラクルは「実存を失ったときにゲームから取り除く」)というルール文章へ変更されている。

[編集] その他の利用例

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (26) 2 沈静/Allay
4 長弓兵/Longbow Archer 1 ハルマゲドン/Armageddon
4 ルーンの母/Mother of Runes 1 消去/Erase
4 サルタリーの歩兵/Soltari Foot Soldier 3 野戦外科医/Field Surgeon
4 サルタリーの僧侶/Soltari Priest 3 謙虚/Humility
4 魂の管理人/Soul Warden 1 平地/Plains
4 コーの戦士/Warrior en-Kor 2 崇拝/Worship
2 マスティコア/Masticore 2 神の怒り/Wrath of God
呪文 (14)
4 十字軍/Crusade
2 栄光の頌歌/Glorious Anthem
4 解呪/Disenchant
4 要撃/Waylay
土地 (20)
20 平地/Plains

[編集] 参考

QR Code.gif