野獣の擁護者、ビビアン/Vivien, Champion of the Wilds

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vivien, Champion of the Wilds / 野獣の擁護者、ビビアン (2)(緑)
伝説のプレインズウォーカー — ビビアン(Vivien)

あなたはクリーチャー呪文を、それが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。
[+1]:クリーチャー最大1体を対象とする。あなたの次のターンまで、それは警戒と到達を得る。
[-2]:あなたのライブラリーの一番上のカードを3枚見る。そのうち1枚を裏向きに追放し、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。それが追放され続けているかぎり、あなたはそのカードを見てもよい。それがクリーチャー・カードであるなら、あなたはそれを唱えてもよい。

4

灯争大戦で登場した3枚目のビビアン能力クリーチャー呪文瞬速化。忠誠度能力到達警戒の付与と、クリーチャー・カードの疑似的なドロー

常在型能力
クリーチャー呪文のインスタントプレイを許可する効果
ビートダウン相手では攻撃クリーチャー指定後に強襲的にブロッカーを出現させ討ち取ることができ、コントロール相手では対戦相手終了ステップに唱えることでソーサリー除去を受ける隙を減らし、圧力をかけられる。
カウンターコンバット・トリックを構えつつ展開できるようになるため、大振りなカウンターとも相性が良い。
登場時スタンダードにおけるエリマキ神秘家/Frilled Mysticなど瞬速持ちの有力クリーチャーとの相性がよく、それらを出す土地さえ構えられればプレイング上でブラフを強く効かせる事ができ、クリーチャー主体のデッキでもそれらを最大限に活かす事が可能。
+1能力
到達と警戒の付与。
大型クリーチャーの利用の幅を広げるのは言うまでもないが、序盤にマナ・クリーチャーを殴らせたり飛行や到達持ちがいないデッキでのフライヤー対策になる。
-2能力
追放したカードがクリーチャー・カードなら唱えてよい衝動のような疑似的な手札補充。
自然との融和/Commune with Nature等と異なりカードを相手に見せる必要がなく、常在型能力と合わせて相手の不意を突きやすい。カードは追放領域に置くため手札破壊の影響も受けない。見る枚数が少ないためクリーチャー・カードがめくれ無いこともままあるが、どちらにせよ相手には見えないためブラフとして働く。

3マナのプレインズウォーカーにしてカードアドバンテージを得られる可能性もあり、コストパフォーマンスは高い。ただし素で衝動的ドローが起動できるのはぎりぎり2回であり、1回以上-2能力を使うにはかなり戦場の主導権を握っている必要がある。アグロデッキ相手に後手として出すには向いておらず、総じてクリーチャー主体デッキにおけるやや遅めのデッキに強いカード。

[編集] ルール

+1能力
  • 対象はクリーチャー最大1体なので、対象を0体として忠誠度を増やすためだけに起動できる。
-2能力
  • 1枚追放することは強制であり、3枚の中にクリーチャー・カードが無くても必ず1枚裏向きに追放しなくてはならない。
  • 唱えてもよいという許可を与える継続的効果も効果の一部なので、ビビアンが戦場を離れてもクリーチャー・カードを唱えることができる(もちろんビビアンがいなければ瞬速を持つかのようには唱えられない)。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ビビアン・リード/Vivien Reidラヴニカ/Ravnicaに呼び出されたプレインズウォーカー/Planeswalkerの一人。女性。故郷を亡ぼしたニコル・ボーラス/Nicol Bolasに復讐心を燃やす。

詳細はビビアン・リード/Vivien Reid (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif