ビビアン・リード/Vivien Reid (ストーリー)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ビビアン・リード/Vivien Reid基本セット2019のキャラクター。カードとしては基本セット2019のビビアン・リード/Vivien Reidが初出。

目次

[編集] 解説

スカラ/Skalla出身のプレインズウォーカー/Planeswalker。女性。浅黒い肌と一部白い黒髪を持つ(イラスト1イラスト2)。

強大なアーティファクトアーク弓/The Arkbowを所持しており、矢を射ることで緑色に輝く動物の精霊召喚する(イラスト)。アーク弓には滅亡したスカラのあらゆる生物、そしてビビアンが訪れた次元/Planeで捕らえた――特別な状況でなければそうはしないが――動物たちの魂が封じられている[1]

かつては森林の生物を保護する誓いを立てたレインジャードルイドの集団、スマラジ/The Smaragdiの一員だったが、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasによってスカラが滅ぼされる際にプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点り、アーク弓とともに逃れた。プレインズウォーカーになったばかりの頃、ビビアンはそれ自体が生き物であるかのようなアーク弓の理解に苦しんだ。当初は召喚する動物も弱々しく実体のないもの、獰猛だがおぼろげな霊体に過ぎなかった。だが彼女が新たな次元で新たな動物と出会い、彼らを仲間に加えていくうちに、アーク弓は力を増していった。やがて彼女は無数の次元から動物の精霊を呼び出せるようになった――故郷スカラにはいなかったような巨大な獣さえも。

今や経験豊富な次元渡航者となったビビアンは新たな使命に目覚めた――文明の癌を破壊することだ。スカラの悲劇的な最期は、「味方でない者は敵」という彼女の信念を強固なものにした。彼女の武器は強大なる捕食者たちの力を持ち、日に日にその力を増している。そう遠くないいつか、彼女は最大の敵に向けてその絶大なる力を解き放ち、多元宇宙/Multiverseの自然の秩序を取り戻すことだろう。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

基本セット2019
ビビアンの召致/Vivien's Invocation
基本セット2019 プレインズウォーカーデッキ
ビビアンのジャガー/Vivien's Jaguar

[編集] フレイバー・テキストに登場

基本セット2019
沼踏み/Bogstomper逆毛の猪/Bristling Boar大蜘蛛/Giant Spiderギガントサウルス/Gigantosaurus驚異的成長/Prodigious Growth
基本セット2019 プレインズウォーカーデッキ
攻撃的なマンモス/Aggressive Mammothスカラ狼/Skalla Wolf、ビビアンのジャガー/Vivien's Jaguar

[編集] イラストに登場

基本セット2019
ビビアンの召致/Vivien's Invocation

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • 基本セット2019で「ボーラスと関わりを持つ各のプレインズウォーカー」を収録するに当たり、既存ののプレインズウォーカーに相応しいものがなかったことから、新たに作られたキャラクターである[2]
  • アーク弓のモチーフは旧約聖書に登場するノアの方舟(英:Noah's Ark)だろう。神が洪水で地上を一掃する際に、ノアとその家族に加え、すべての動物を雌雄一対ずつ乗せたとされる。

[編集] 脚注

  1. Exclusive: Meet the Newest Magic: The Gathering Planeswalker, Vivien Reid(The Mary Sue)
  2. Creating Core Set 2019/『基本セット2019』を作り出す(Card Preview 2018年6月15日 Ethan Fleischer著)

[編集] 参考

QR Code.gif