アーク弓のビビアン/Vivien of the Arkbow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vivien of the Arkbow / アーク弓のビビアン (4)(緑)(緑)
伝説のプレインズウォーカー — ビビアン(Vivien)

[+2]:クリーチャー最大1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを2個置く。
[-3]:あなたがコントロールしているクリーチャー1体と、あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。その前者はその後者に、その前者のパワーに等しい点数のダメージを与える。
[-9]:ターン終了時まで、あなたがコントロールしているクリーチャーは+4/+4の修整を受け、トランプルを得る。

5

基本セット2019プレインズウォーカーデッキに収録されたビビアン忠誠度能力は、+1/+1カウンターの配置、一方的な格闘全体強化

+2能力
+1/+1カウンターによるクリーチャー強化
素直なクロックの増強手段であり、-3能力で討ち取れる範囲も広げることができる。最初に起動すれば忠誠度7になり、そう簡単には倒されなくなる。
-3能力
狂気の一咬み/Rabid Bite
直接戦場に干渉でき、ビビアンに対する脅威への露払いができる能力。あらかじめ相応にパワーのあるクリーチャーを用意しておく必要があり、忠誠度の消費が大きく連打できないのが難点。
-9能力
踏み荒らし/Overrun系統の全体強化とトランプル付与。
クリーチャーが十分並んでいる状況なら致命的な威力を発揮する。最短でも戦場に出してから3ターン要するが、ゲームを決めるのには十分な性能。

すべての能力がクリーチャーありきの物となっており、クリーチャー主体のデッキで使うことを前提としている。初心者に対して「クリーチャーで殴り勝つ」という分かりやすい指針を示している。

構築水準で見ると、ビートダウンデッキの支援カードとしては6マナはかなり重い。より直接的な脅威を優先すべきだろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2019プレインズウォーカーデッキ収録のプレインズウォーカーサイクル。いずれも神話レア

[編集] ストーリー

詳細はビビアン・リード/Vivien Reidを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif