軍団の先駆け/Forerunner of the Legion

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Forerunner of the Legion / 軍団の先駆け (2)(白)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 騎士(Knight)

軍団の先駆けが戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから吸血鬼(Vampire)カード1枚を探し、それを公開し、その後あなたのライブラリーを切り直し、その一番上にそのカードを置く。」を選んでもよい。
他の吸血鬼が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+1/+1の修整を受ける。

2/2

CIP吸血鬼サーチし、吸血鬼が戦場に出るたびにクリーチャーへの+1/+1修整誘発するの先駆け。自身も3マナ2/2とそこそこのサイズがある。

構築の吸血鬼デッキでは、多色であるが同じP/Tで1マナ軽く、他の吸血鬼すべてを永続的に強化できる軍団の副官/Legion Lieutenantの存在が大きい。こちらはどちらかというとリミテッド向けのカードで、サーチ能力で息切れを防ぎつつ自軍クリーチャーを強化して攻め立てることができる。回避能力を持つクリーチャーであれば強化されたパワーを効率よく本体に叩き込んでいけるため、ぜひ併用したい。飛行絆魂を持つサディストの空渡り/Sadistic Skymarcherは強化によりダメージレースに大きく差をつけることができ、先駆け自身やサーチしてきた吸血鬼カードをサディストの空渡りを唱えるための追加コストにあてられることで特に相性が良い。2枚目以降のこれや軍団の征服者/Legion Conquistadorトークン生成カードなどもあわせて手をゆるめずに攻め込んでいこう。

  • 誘発型能力による強化は、吸血鬼でないクリーチャーも対象にすることができる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イクサランの相克の先駆けサイクル。該当クリーチャー・タイプカードサーチし、該当タイプのカードが戦場に出るたびに誘発する能力を持つ。いずれもアンコモンであり、イクサラン・ブロックの主要部族につき1枚ずつ存在する。

ローウィン先触れサイクルに、特定のクリーチャー・タイプが戦場に出るたびに誘発する誘発型ロード/Trigger lordと呼ばれる能力を組み合わせたもの。自身の能力同士がシナジーを持ち、特定のクリーチャー・タイプに偏ることを推奨するようにデザインされている。(A Rivals Like No Other, Part 1/他ならぬ『相克』 その1)。

[編集] 参考

QR Code.gif