軍団の征服者/Legion Conquistador

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Legion Conquistador / 軍団の征服者 (2)(白)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 兵士(Soldier)

軍団の征服者が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから望む枚数の《軍団の征服者/Legion Conquistador》という名前のカードを探し、それらを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。

2/2

スカイシュラウドの歩哨/Skyshroud Sentinel戦隊の鷹/Squadron Hawkの流れを汲む、同名カードサーチするCIP能力を持つクリーチャー

CIP能力ライブラリーから同名の仲間を最大3体も呼べる吸血鬼兵士戦隊の鷹/Squadron Hawkに比べP/Tは1ずつ大きいが、飛行は持たず、マナ・コストは(1)大きくなった。

戦場では3マナ2/2バニラという最低限以下の戦闘力ではあるが、吸血鬼兵士ともロードが充実しており、横に展開する戦略にもマッチしているため、何らかの強化手段を用意できれば頭数として有用。登場時のスタンダードでも部族シナジーを前面に押し出した吸血鬼デッキで採用されている例が見られる。

には貴重な、一挙に手札が増やせる手段であり、戦隊の鷹/Squadron Hawk同様様々なカードとのシナジーが形成できる。

リミテッドでは本体のスペックは貧弱なものの、2枚以上集められているならアドバンテージ面で優れている。参加人数の多いドラフトでは思い切ってかき集めるのも一手。リミテッドには4枚制限ルールがないため、もちろん限度はあるが、基本的には集まっただけ全部デッキに入れてしまっていい。

[編集] 開発秘話

CIP能力は当初、ダールの騎兵/Daru Cavalierのように同名カード1枚をサーチするものだったが、それだとライブラリーを何度も切り直すことになりゲームを著しく遅延させてしまうため、最初の1体で同名カードすべてをサーチできるようになった。また元は恐竜であったが、能力やサイズ小型クリーチャーを横に並べる吸血鬼向けであったことから、クリーチャー・タイプも変更された[1]

[編集] 脚注

  1. The M-Files: Ixalan Edition, Part 1/Mファイル『イクサラン』編・パート1(Play Design 2017年10月13日 Melissa DeTora著)

[編集] 参考

QR Code.gif