苔汁の橋/Mosswort Bridge

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mosswort Bridge / 苔汁の橋
土地

秘匿(この土地はタップ状態で戦場に出る。そうしたとき、あなたのライブラリーのカードを上から4枚見て、そのうち1枚を裏向きに追放する。その後残りをあなたのライブラリーの一番下に置く。)
(T):あなたのマナ・プールに(緑)を加える。
(緑),(T):あなたがコントロールしているクリーチャーのパワーの合計が10以上である場合、あなたはその追放されたカードをそのマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。


ローウィン秘匿能力を持つ土地(秘匿ランド)の。緑の秘匿ランドは、クリーチャーパワーの合計が10以上になったときにカードプレイできる。

構築では、ストンピィなどのクリーチャーを並べる緑系ビートダウンデッキであれば割合簡単に条件を満せるが、その場合タップインでありテンポを削ぐことが気になる。またビートダウンはマナカーブの関係上軽い呪文が多く、それらを唱えても旨みが少ないのも難点。

起動型能力の条件チェック時だけパワー10以上を満たしていればよいため、一時的に高パワーのクリーチャーを作り出せるカードと相性がよい。例としては、樫の力/Might of Oaksなどの強化呪文を使う、地壊し/Groundbreakerなどの歩く火力と併用するなど。ローウィン・ブロック内ならば想起覇権持ちの大型クリーチャーと組み合わせることもできる。

エターナルではファイレクシアン・ドレッドノート/Phyrexian Dreadnoughtで容易に条件を満たすことができる。そこから巨大エルドラージ・クリーチャー召喚に繋げる、Show and Tellコンボデッキで活躍している。この場合だと、直接戦場に出すわけではなく、実際に唱えているのも大きなポイントになる。

ビッグ・マナ系の重い呪文が主体となるデッキに投入するプランもある。秘匿するカードに大物を仕込みやすく、4~5マナ域のクリーチャーなら二体程度で条件を達成することも難しくない。→Trap Ramp

上記のような特定のギミックを仕込むのが難しいため、リミテッドで活躍できるかはデッキ次第といったところ。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィン秘匿ランドサイクル。特定の条件下で秘匿したカードマナ・コスト支払わずにプレイできる。

シャドウムーアの”目覚めたクリーチャー”("awakened creature")サイクルと対になっている。括弧内は目覚めたクリーチャー。

秘匿したカードをプレイできるかどうかは、起動型能力解決時のみに条件をチェックする。起動時に条件を満たすかは考慮しない。

[編集] ストーリー

昼の世界ローウィン/Lorwynには、夜の世界シャドウムーア/Shadowmoorの怪物が土地に姿を変えて何世代も目覚めの時、大オーロラ/Great Auroraを待っている。

苔汁の橋/Mosswort Bridgeには苔橋のトロール/Mossbridge Trollが封じられている。(変貌前の画像変貌後の画像

  • シャドウムーアのファットパック付属の小冊子参照。
  • 「Mosswort」は「moss(苔)」+「-wort」からなる語。複合語では「wort」は「麦芽汁」ではなく「植物、草」を意味するため、「苔」は誤りと思われる。中国語版では「苔草」と訳されている他、イラストのどこにも汁は垂れていない。

[編集] 参考

QR Code.gif