撤廃/Repeal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Repeal / 撤廃 (X)(青)
インスタント

点数で見たマナ・コストがXである、土地でないパーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
カードを1枚引く。


点数で見たマナ・コストを参照するバウンス呪文キャントリップ付きのバウンス呪文の先輩である排撃/Repulseより汎用性があるが、重いパーマネント戻すのには向かない。

ブーメラン/Boomerangに代表される普通のバウンス呪文は、より重いパーマネントを戻すことでテンポ・アドバンテージを稼ぐのだが、これは軽いパーマネントを戻して対戦相手展開を遅らせるのが主な使い方。カード・アドバンテージを失わないため、コントロールの序盤しのぎ用としては悪くない。その他いろいろと小回りが利くのでスタンダードからエターナルまで多用されている。

ウルザトロンには非常に適したカード色拘束が薄いため唱えやすく、序盤はキャントリップでウルザランド探すのを助け、ウルザランドが揃った終盤ならば重さも気にせず使える。

ウルザトロン以外でも、スタンダードでは多くのいデッキに採用された。時のらせん獣群の呼び声/Call of the Herdタイムシフトしたことで、スタンダードでクリーチャー・トークンを見る頻度が激増したのがその理由。獣群の呼び声のトークンを含む多くのトークンは点数で見たマナ・コストが0なので、1マナ除去しつつキャントリップできる。

[編集] 参考

QR Code.gif