火想者の研究/Firemind's Research

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Firemind's Research / 火想者の研究 (青)(赤)
エンチャント

あなたがインスタントかソーサリーである呪文を唱えるたび、火想者の研究の上に蓄積(charge)カウンターを1個置く。
(1)(青),火想者の研究から蓄積カウンターを2個取り除く:カードを1枚引く。
(1)(赤),火想者の研究から蓄積カウンターを5個取り除く:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。火想者の研究はそれに5点のダメージを与える。


インスタントソーサリー唱えるたびにカウンターが蓄積し、それを消費することでボーナスを得ることができるエンチャント

電招の塔/Dynavolt Tower等に連なる呪文を唱えることを奨励する置物の一種で、これはドロー単体火力の2種類の起動型能力を持つ。設置に2マナ起動に2マナと、手札2枚分使って1ドロー、5枚分使ってようやく火力を飛ばせる計算とやや悠長。設置コスト軽く隙を晒しにくいのは利点だが、後から引いてきてしまうとそこからのんびりとカウンターを溜める必要があり、2ターン目くらいに安定して設置できないと性能を発揮しにくい。複数枚並べて設置すれば呪文1枚あたりの効率は高くなっていくが、かといって大量に採用するとこればかりを引いて呪文を引けず、悶絶してしまうこともあるだろう。普通のデッキで使っても恩恵を受けにくく、十全に活かせるデッキはそう多くない。

呪文を唱えてコントロールしていくデッキに向いているが、そうしたデッキであればアズカンタの探索/Search for Azcantaや、より強力なドローエンジンフィニッシャーであるイゼット副長、ラル/Ral, Izzet Viceroyを始めとするプレインズウォーカーに頼った方が安定するだろう。

そうした事情もあり構築での採用は難しいと考えられたが、軽い火力やドロー呪文を連打することで優位を得るイゼット・フェニックスに居場所を見つけ、主にサイドボードに採用されている。

[編集] ルール

[編集] 参考

  1. 『ラヴニカのギルド』のパッケージ、各種プロモなど(Feature 2018年9月4日)
  2. Guilds of Ravnica Release Notes/『ラヴニカのギルド』リリースノート(Feature 2018年9月20日)
QR Code.gif