呪われた魔女/Accursed Witch

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Accursed Witch / 呪われた魔女 (3)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

あなたの対戦相手が呪われた魔女を対象とする呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
呪われた魔女が死亡したとき、対戦相手1人を対象とする。これを変身させた状態であなたのコントロール下でそのプレイヤーにつけられた状態で戦場に戻す。

4/2
Infectious Curse / 感染性の呪い
〔黒〕 エンチャント — オーラ(Aura) 呪い(Curse)

エンチャント(プレイヤー)
あなたがエンチャントされているプレイヤーを対象とする呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
エンチャントされているプレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーは1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。


「魔女を殺すと呪われる」という、ホラーの定番を表現した両面カードイニストラードを覆う影で唯一の呪いカードでもある。

第1面は4/2とパワーに偏った人間シャーマンクリーチャーで、対戦相手がこれを対象として唱える呪文コストを減少させるというペナルティ能力を持つ。そして死亡すると呪いオーラとなって対戦相手に憑りつき、同じペナルティ能力を与える上、毎ターンドレインも行う。

クリーチャーとしての性能は巨大ゴキブリ/Giant Cockroach程度であり決して高くはないが、対戦相手からするとなるべく死亡させたくないクリーチャーであるため、心理的な圧力がある。攻撃されてもブロックしたくないが、毎ターン4点のクロックもきついという悩ましい存在。またブロッカーとして立っていれば相手の攻撃を抑制できる。もっとも、エンチャント除去が手札にあったり、多少のドレインなど無視できるだけのライフがあったりする相手には言うほどの圧力にならないので過信は禁物。

呪いとしては、ライフを直接攻めていけるうえ、に多い手札破壊布告除去などのプレイヤーを対象にする呪文が使いやすくなる。活用できれば強力な呪いではあるが、つけるまでにかかる手間なども十分考慮したい。

[編集] 参考

QR Code.gif