マーセナリー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マーセナリー(Mercenary)は、傭兵展開力を活かした黒単色ビートダウンデッキ

[編集] 概要


Cateran Persuader / カテラン組合の説得者 (黒)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) 傭兵(Mercenary)

(1),(T):あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが1以下の傭兵(Mercenary)パーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

2/1


Rathi Intimidator / ラースの威嚇者 (1)(黒)(黒)
クリーチャー — ホラー(Horror) 傭兵(Mercenary)

畏怖(このクリーチャーは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)
(2),(T):あなたのライブラリーから、点数で見たマナ・コストが2以下の傭兵(Mercenary)パーマネント・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

2/1


Dark Triumph / 暗黒の凱歌 (4)(黒)
インスタント

あなたが沼(Swamp)をコントロールしている場合、あなたは、この呪文のマナ・コストを支払うのではなく、クリーチャーを1体生け贄に捧げることを選んでもよい。
ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+2/+0の修整を受ける。


序盤は換羽するハーピー/Molting Harpy塁壁を這うもの/Rampart Crawlerリクルートしつつチャンプブロックに回して時間を稼ぎ、ならではの豊富な除去ボード・アドバンテージを確保しながら、傭兵攻撃し続ける。とどめとして暗黒の凱歌/Dark Triumphの採用が一般的。優位性を確保するためにデルレイッチ/Delraich、除去用にファイレクシアの疫病王/Phyrexian Plaguelordといった大型クリーチャーを投入する場合もある。

当時は対立/Oppositionガイアの揺籃の地/Gaea's Cradleなどがあったため、クリーチャーを大量に出すメリットはいくらでもあった。軽いリクルート能力を利用して汚染/Contaminationロックをかけるタイプも存在した。

その色拘束の強さや安定性でリベリオンには劣ったが、リクルートのコストが軽く、当時は暗黒の儀式/Dark Ritualもあったため、展開力ではリベリオンよりはるかに勝った。リミテッドではなかなかの活躍を見せていたため傭兵自体のポテンシャルはそれなりに高かったようだ。日本選手権00では活躍以前にだれも使おうともしなかったデッキだが、アジア太平洋選手権00では3位に入賞した。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60) サイドボード
クリーチャー (22) 2 急速な衰微/Rapid Decay
2 塁壁を這うもの/Rampart Crawler 2 非業の死/Perish
2 換羽するハーピー/Molting Harpy 1 撲滅/Eradicate
1 ショークーの工作員/Agent of Shauku 2 迫害/Persecute
4 カテラン組合の説得者/Cateran Persuader 1 次元の狭間/Planar Void
2 カテラン組合の粗暴者/Cateran Brute 2 夜の戦慄/Dread of Night
2 ラースの威嚇者/Rathi Intimidator 1 仕組まれた疫病/Engineered Plague
1 ラースの悪鬼/Rathi Fiend 1 汚染/Contamination
2 肉裂き怪物/Flesh Reaver 1 強行軍/Forced March
1 ストロームガルドの陰謀団/Stromgald Cabal 2 スランのレンズ/Thran Lens
2 ファイレクシアの抹殺者/Phyrexian Negator
1 ファイレクシアの疫病王/Phyrexian Plaguelord
2 デルレイッチ/Delraich
呪文 (18)
4 暗黒の儀式/Dark Ritual
2 吸血の教示者/Vampiric Tutor
3 血の復讐/Vendetta
2 殺し/Snuff Out
4 強迫/Duress
1 暗黒の凱歌/Dark Triumph
1 非業の死/Perish
1 汚染/Contamination
土地 (20)
18 沼/Swamp
2 リシャーダの港/Rishadan Port

[編集] 参考

QR Code.gif