古えの居住地/Ancient Den

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ancient Den / 古えの居住地
アーティファクト 土地

(古えの居住地は呪文でない。)
(T):(白)を加える。


ミラディン・ブロックカードの中で一番間違っていると名高いアーティファクト・土地群。その中の白マナを生み出す土地

親和ではのカードの優先度は低く、特にスタンダードミラディン・ブロック構築ではほとんど採用されることがなかったため、現役当時はサイクル中で一段低く見られていた。エクステンデッドでは翻弄する魔道士/Meddling Mage古の法の神/Kami of Ancient Lawのために3目に投入される場合がある。

ただし白はアーティファクトの扱いが得意な色であるため、親和以外のデッキでお呼びがかかることも多い。スタンダード当時でも頭蓋囲い/Cranial Platingを採用したエクイップにはよく使われたし、またエクステンデッドレガシーでは粗石の魔道士/Trinket Mage悟りの教示者/Enlightened Tutorなどでサーチできる土地として、コントロールデッキ土地事故対策に挿されることもある。

Pauperではサイボーグボロスキティなどで使われている。

2005/03/20より、スタンダード禁止カードに指定された。さらに2006/03/20よりミラディン・ブロック構築で、モダンでもフォーマット開始当初からの禁止カードに。いわゆるとばっちりと言うやつである。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ミラディンアーティファクト・土地サイクル

ダークスティールでは、無色版のダークスティールの城塞/Darksteel Citadelが登場した。

親和デッキを横行させた元凶。すべてが2005年3月20日より、スタンダード禁止カードに指定された。2006年3月20日より、ミラディン・ブロック構築でも禁止カードに指定されている。モダンではダークスティールの城塞を除く五つが、フォーマット制定当初より禁止カード。

[編集] 参考

QR Code.gif