無尽

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
無尽/Myriad
種別 誘発型能力
登場セット 統率者2015
統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い
CR CR:702.116

無尽(むじん)/Myriadは、統率者2015で制定されたキーワード能力クリーチャー攻撃したときに誘発する誘発型能力であり、さらに遅延誘発型能力を生成することもある。


Warchief Giant / 戦長の巨人 (3)(赤)(赤)
クリーチャー — 巨人(Giant) 戦士(Warrior)

速攻
無尽(このクリーチャーが攻撃するたび、このクリーチャーのコピーであるトークンを、防御プレイヤー以外の対戦相手1人につき1体、タップ状態でそのプレイヤーまたはそのプレイヤーがコントロールしているプレインズウォーカーを攻撃している状態で生成してもよい。戦闘終了時に、それらのトークンを追放する。)

5/3


Blade of Selves / 我々の刃 (2)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは無尽を持つ。(そのクリーチャーが攻撃するたび、そのクリーチャーのコピーであるトークンを、防御プレイヤー以外の対戦相手1人につき1体、タップ状態でそのプレイヤーまたはそのプレイヤーがコントロールしているプレインズウォーカーを攻撃している状態で生成してもよい。戦闘終了時に、それらのトークンを追放する。)
装備(4)


[編集] 定義

無尽/Myriadは、「このクリーチャーが攻撃するたび、このクリーチャーのコピーであるトークンを、防御プレイヤー以外の対戦相手1人につき1体、タップ状態でそのプレイヤーまたはそのプレイヤーがコントロールしているプレインズウォーカー攻撃している状態で生成してもよい。これによりあなたが1体以上のトークンを生成したなら、戦闘終了時に、それらのトークンを追放する。」を意味する。

[編集] 解説

1体のクリーチャーが各対戦相手を同時に攻撃するようなキーワード能力。2人対戦では意味がなく、多人数戦を強く意識している能力である。

統率者2015では各色に1枚サイクルとして存在し、無尽を与える装備品として我々の刃/Blade of Selvesが収録されている。統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦いではの能力としてフィーチャーされ、にも1枚追加された。

[編集] ルール

  • 無尽を持つプレイヤーが攻撃先として指定したプレイヤー、もしくは攻撃先として指定したプレインズウォーカーのコントローラーが防御プレイヤーとみなされる。それ以外の各対戦相手に対してトークンを生成できる。
  • トークンを出すかは対戦相手1人につき選択できる。選択し終わった後、トークンはすべて同時に戦場に出る。
  • トークンを戦場に出す時点で、そのトークンがプレイヤーを攻撃するのかプレインズウォーカーを攻撃するのかを指定する。
  • トークンは攻撃している状態で戦場に出るが、「攻撃した」ものとしてはみなされない。詳細は「攻撃している状態で戦場に出る」を参照。
  • コピーについてのルールは、「コピー」およびクローン/Cloneを参照。
  • 倍増の季節/Doubling Seasonなどによってトークンが各対戦相手に対して2体以上戦場に出る場合、トークンがプレイヤーを攻撃するのかプレインズウォーカーを攻撃するのかは、それぞれのトークンごとに指定できる。
  • 1体のクリーチャーが複数の無尽を持つ場合、それらは個別に誘発する。
  • 伝説のクリーチャーが無尽を得た場合、トークンが生成された直後にレジェンド・ルールでオリジナルとコピーの中から1体だけを残して墓地置く

[編集] その他

[編集] 参考

引用:総合ルール 20221118.0

QR Code.gif