根本原理

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

根本原理(Ultimatum)とはアラーラの断片で登場したアーク3色ソーサリーサイクル


Cruel Ultimatum / 残酷な根本原理 (青)(青)(黒)(黒)(黒)(赤)(赤)
ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げ、カードを3枚捨て、その後5点のライフを失う。あなたはあなたの墓地にあるクリーチャー・カードを1枚あなたの手札に戻し、カードを3枚引き、その後5点のライフを得る。


それぞれのカードアラーラ/Alaraの5つの断片/Shardに対応しており、各断片のメインカラー3マナとその友好色各2マナという、重い上に色拘束が厳しいマナ・コストを持っている。その分効果はいずれも強力で、決まれば大きなアドバンテージを得ることができ、その場で勝負が決することも多い。

マナ・コストの問題から多用はされないものの1~2枚投入する、といった用いられ方をすることがある。特に残酷な根本原理/Cruel Ultimatumはサイクルの中でも一番使われることが多く、このカードを名前に冠した残酷コントロールというデッキも存在する。

[編集] ストーリー

各カードはアラーラの5つの断片に属しており、イラストには断片に対応したプレインズウォーカー/Planeswalkerの姿が描かれている。ただし、どのプレインズウォーカーもはっきりとは映っておらず、シルエットや影などに留まっている。どこに描かれているかは、Whose Ultimatum?About That Fifth Ultimatum...を参照。

また、「Ultimatum」は「最後通牒」が定訳で、「最後のもの・手段」の含みを持つ言葉である。カードのプレインズウォーカーは5人とも、話し合いではなく実力行使に出た、つまり「最終手段」を選択した状況で描かれている。

  • 「根本原理」という訳も正しいが、この語は思想や理論に対して使われるものなので、上記の様な実力行使に出た状況を指すものとしては微妙な訳と言える。ただ、イラストのシーンそのものではなく、対応する断片とプレインズウォーカーの根本にある思想を体現していると考えれば納得のいく訳である。

[編集] 一覧

カード名 - 対応する断片とプレインズウォーカー

[編集] 参考

QR Code.gif