フェアリーの忌み者/Faerie Macabre

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


戦場では3マナ2/2飛行とありきたりなクリーチャーだが、手札から捨てることで墓地カード追放する起動型能力が非常に便利。

マナが不要なのでデッキカラーを問わずに使用することができ、打ち消しにも耐性が高い。トーモッドの墓所/Tormod's Crypt大祖始の遺産/Relic of Progenitusのように対戦相手に見えず、あらかじめ戦場に出しておく必要がないのも利点。ただし、これらのように墓地を一掃することはできず、手札破壊に弱いので、メタゲームによって使い分けたい。

構築においては、墓地を有効に使うデッキ、たとえばナルコブリッジヒバリブリンクへの対策としてしばしば使われた。特に、ヒバリブリンクに対しては、大体は2枚追放するだけで十分なためトーモッドの墓所などより有用な場面が多い。リミテッドでは3マナ2/2フライヤーとしての性能の方が評価されることが多いが、頑強回顧への対策にもなる。

モダンでは死せる生にて死せる生/Living Endの効果を受けられる墓地対策として採用されている。

レガシーでは、リアニメイトなど、先攻1ターン目に墓地を利用して勝負を決める動きができるデッキがあるため、インスタント・タイミングにマナ不要で使える墓地対策として(クリーチャーとしての性能は無視して)採用されることがある。

ルール

  • 墓地のカードを複数枚対象に取る他のカードでは「単一の墓地にあるカード」と指定されているものも多いが、フェアリーの忌み者については「墓地にあるカード」としか指定されておらず、2つの墓地にあるカード1枚ずつを対象に取ってもよい。
    • 日本語ではややわかりにくいが、英語では墓地を一つに限定しない場合は「cards in graveyards」(現行オラクルでは「cards from graveyards」)と複数形で記載されるためはっきりしている(墓地が一つに限定される場合は「cards from a single graveyard」)。
  • 「最大2枚」とあるので、1枚や0枚も適正である。例えば、唱える事なく墓地を肥やしたい場合に利用することが考えられる。
  • コストとして捨てられるこのカード自身を、追放する対象に取ることはできない。起動型能力の対象を選ぶのは、コストを支払う前にしなければならないため。「唱える」の記事も参照。

参考

QR Code.gif