虎の影、百合子/Yuriko, the Tiger's Shadow

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Yuriko, the Tiger's Shadow / 虎の影、百合子 (1)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 忍者(Ninja)

上忍術(青)(黒)((青)(黒),あなたがコントロールしていてブロックされていない攻撃クリーチャー1体を手札に戻す:あなたの手札か統率領域からこのカードをタップ状態で攻撃している状態で戦場に出す。)
あなたがコントロールしている忍者(Ninja)1体がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開してあなたの手札に加える。各対戦相手はそれぞれ、そのカードの点数で見たマナ・コストに等しい点数のライフを失う。

1/3

青黒伝説の忍者忍術統率者戦版、上忍術を持ち、自軍の忍者にドロー+各対戦相手ライフロスサボタージュ能力を与える。

性能としては深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hoursの強化版といったところで、基本的な使い方もそちらとほぼ同じ。上忍術コストが2マナ軽いにも関わらず継続的なカード・アドバンテージ源となり、さらにライフロスの能力があるためパワー1という見た目に反して実質的な打点も非常に高い。上忍術のタネとなるクリーチャーこそ必要となるが、奇襲性、打ち消し耐性、アドバンテージ、高クロックを兼ね揃えた非常に優秀な忍者である。

エターナルデッキならば、渦まく知識/Brainstormなどのライブラリー操作意志の力/Force of Willなどの高マナ・コストカードといった好相性のカードが自然にデッキに入っているため、既存のデッキに投入するだけでも大きな脅威となってくれる。特にの合う悪意の大梟/Baleful Strixは、上忍術のタネとして最適。別の忍者と併用すれば得られるアドバンテージも大きくなるが、単体でも十分に優秀なので無理して狙う必要はないだろう。変わり谷/Mutavaultならば土地スロットで忍者を増やせるため、併用に適している。

上忍術の本領発揮の場は、やはり統率者戦統率者に指定すると奇襲性は皆無になってしまうが、上忍術で戦場に出すことは「唱えた」事にならないため、タネとなるクリーチャーさえ居れば常に2マナ固定の、追加コストを気にしない統率者として運用できる。また、攻撃クリーチャーマナのある限り自身の攻撃を維持できる為、見た目に反して場持ちが良い。統率者戦は多人数戦なので防御が手薄なプレイヤーを狙うことも容易く、さらにライフロスが各対戦相手へ及ぶ点も噛み合っている。忍者が増えるほど威力を増すので、統率者戦で忍者デッキを組むなら外せない存在となるだろう。

[編集] ストーリー

百合子/Yuriko神河/Kamigawaに住む人間忍者。女性(イラスト)。

虎の影/The Tiger's Shadowの名で知られる女の正体は謎に包まれているが、彼女が纏う怪物的な風貌の面は弱き者に希望を与え、強き者に恐怖を与える。彼女は秘密を武器として振るい、それによって権力者を失墜させ、虐げられ苦しむ民に救済をもたらす。

[編集] 参考

QR Code.gif