色 (サイクル)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

/Laceは、第4版までの基本セットに収録された呪文パーマネント1つのを永続的に変えるインスタントサイクルの総称。稀少度レアカスレアの代名詞である。


Purelace / 純粋の色 (白)
インスタント

呪文1つかパーマネント1つを対象とする。その色は白になる。(そのパーマネントのマナ・シンボルは変化しないままである。)


[編集] 該当カード

に対応した以下の5種類がある。

さらに時のらせんで同じコンセプトのカードが1種類追加された。

[編集] 利用

死の色/Deathlace恐怖/Terrorなどからクリーチャーを守ったり、混沌の色/Chaoslace水流破/Hydroblastでどんな呪文でも打ち消したりできる。しかし、これらは正直使い勝手の悪いサイクルであり、普通カスレアに分類される。

  1. 自分のカードに使うことを考えた場合、単色デッキではほとんど意味がない。他の色カードやアーティファクト対象にすることで、例えば十字軍/Crusadeのような「特定色を強化」とあわせる手があるが、この呪文で色を変えられるのは所詮1枚。ならば、聖なる力/Holy Strengthで事足りるケースが多い。
  2. 対戦相手に使う場合、自分に「その色を妨害する」カードがないと意味がない。が、これを入れる以上自分もその色を使うので、自分もその妨害カードの影響を受けかねない。プロテクションなどの「損のない」対応手段でも、所詮1枚しか対処できないので、普通の除去などで済む場合も多い。
  3. 上述のような打ち消しの場合、カード2対1の交換なのでカード・アドバンテージを失ってしまう。

[編集] 退場の経緯

レアにはより堅実で使用に耐えうるカードを必要とする方針(色カードなんてもういらない。"no more Laces")と、弱過ぎる("too weak")という理由から、第4版を最後にすべての色カードは基本セットから退場した(Taming the Flames(Duelist誌17号の記事))。

[編集] 参考

QR Code.gif