航海士のコンパス/Navigator's Compass

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Navigator's Compass / 航海士のコンパス (1)
アーティファクト

航海士のコンパスが戦場に出たとき、あなたは3点のライフを得る。
(T):あなたがコントロールしている土地1つを対象とする。基本土地タイプ1つを選ぶ。ターン終了時まで、それはそれの他のタイプに加えて選ばれた基本土地タイプになる。


土地基本土地タイプを与えるほぞ戦場に出したときに3点のライフ回復もついてくる。

土地1つから好きな色マナを出せるようになるため、実質的にマナフィルターのように振る舞う。色マナ基盤を安定させつつ、ライフ回復で延命を図りたい中低速の多色デッキに向いている。しかし、単体ではアドバンテージを失ってしまうのが大きな弱点であり、後述のような別の利用法を絡めて使うのが前提となる。

リミテッドではマナカーブを整えながら色事故を予防し、歴史的呪文を水増しできる点で優れている。コイロスの守護者/Guardians of Koilosで使いまわす、ゴブリンの連射/Goblin Barrageの種にするといった、さらなる利用法を可能な限り確保して使いたい。ドミナリアにはアンコモン以下の多色地形がなく、以外で多色化をサポートできるのは這い回る偵察機/Skittering Surveyorとこの二種しかないため、マナ基盤に不安があるならに確保しておきたい。

Pauperではマナフィルターは予言のプリズム/Prophetic Prism彩色の宝球/Chromatic Sphereが活躍しているが、それらと比較してカード・アドバンテージにならないぶんライフレースに貢献できるようになっており、特に稲妻/Lightning Bolt1枚分の猶予を稼げるため対バーン系デッキを意識したとき有用となるだろう。1マナと軽いこともあり、ボロスキティなどにおいてコーの空漁師/Kor Skyfisherきらめく鷹/Glint Hawkテンポ損を最小限に抑えつつ展開できる点も強み。

ウェザーライトは次元転換はできなくなったが、ドミナリア中を軽く飛び回ることはできる。
  • スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」のコラボレーションの一環として、このカードがモンスターとしてゲスト参戦した[1]。特殊技名はウェザーライトへの乗艦

[編集] ルール

[編集] 脚注

  1. カーンにチャンドラ、ニコルも登場!? パズル&ドラゴンズ×マジックコラボ、6月25日(月)より始動!(こちらマジック広報室!! 2018年6月25日)
  2. 『ドミナリア』 リリースノート(Game Play 最終更新 2018年1月31日)

[編集] 参考

QR Code.gif