航海士のコンパス/Navigator's Compass

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Navigator's Compass / 航海士のコンパス (1)
アーティファクト

航海士のコンパスが戦場に出たとき、あなたは3点のライフを得る。
(T):あなたがコントロールしている土地1つを対象とする。基本土地タイプ1つを選ぶ。ターン終了時まで、それはそれの他のタイプに加えて選ばれた基本土地タイプになる。


土地基本土地タイプを与えるほぞ戦場に出したときに3点のライフ回復もついてくる。

土地1つから好きな色マナを出せるようになるため、実質的にマナフィルターのように振る舞う。色マナ基盤を安定させつつ、ライフ回復で延命を図りたい中低速の多色デッキに向いている。しかし、単体ではアドバンテージを失ってしまうのが大きな弱点であり、後述のような別の利用法を絡めて使うのが前提となる。

リミテッドではマナカーブを整えながら色事故を予防し、歴史的呪文を水増しできる点で優れている。コイロスの守護者/Guardians of Koilosで使いまわす、ゴブリンの連射/Goblin Barrageの種にするといった、さらなる利用法を可能な限り確保して使いたい。ドミナリアにはアンコモン以下の多色地形がなく、以外で多色化をサポートできるのは這い回る偵察機/Skittering Surveyorとこの二種しかないため、マナ基盤に不安があるならに確保しておきたい。

Pauperの1マナのマナフィルターはマナの大鉢/Mana Cylixが既に存在するが、こちらは稲妻/Lightning Bolt1枚分の猶予を稼げるため対バーン系デッキを意識したとき有用となる。ボロスキティなどにおいてコーの空漁師/Kor Skyfisherきらめく鷹/Glint Hawkを唱える起点になることを活かしたい。1ターン目にこのカードを出せば、2ターン目にアーティファクト・土地を戻さずに上記のクリーチャーを出せるのも強み。

ウェザーライトは次元転換はできなくなったが、ドミナリア中を軽く飛び回ることはできる。

[編集] ルール

  • 対象とした土地は、基本土地タイプを得ることによって、それに対応するマナ能力を得る。その新しい基本土地タイプは他のタイプに「加えて」持つようになるので、その土地はそれまで持っていた能力も持ち続ける。[1]
  • マナの大鉢/Mana Cylixなどが持つマナフィルター能力はマナ能力であるため、呪文を唱え始めてからでも起動できる。航海士のコンパスの持つ能力はマナ能力ではないため、呪文を唱え始めてからは起動することができない。
    • 僅かな違いではあるが、航海士のコンパスに対応して対象の土地を除去されればフィルターに失敗するという隙がある。

[編集] 参考

  1. 『ドミナリア』 リリースノート(Game Play 最終更新 2018年1月31日)
QR Code.gif