屍肉喰らい/Carrion Feeder

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Carrion Feeder / 屍肉喰らい (黒)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie)

屍肉喰らいではブロックできない。
クリーチャー1体を生け贄に捧げる:屍肉喰らいの上に+1/+1カウンターを1個置く。

1/1

クリーチャー食べることで大きくなるゾンビブロックできないため攻撃専用。コスト・パフォーマンスに優れており、トークンなどを量産できる体制があればどんどん大きくできる。


特筆すべきはサクり台としての優秀さ。登場時は(銀枠を除けば)コスト不要でクリーチャーを生け贄に捧げる事ができる唯一の1マナクリーチャーだったため、ハルクフラッシュナイトメア・サバイバルなどに採用された。

後に登場した臓物の予見者/Viscera Seerと比較すると、ビートダウンを視野に入れたデッキであれば屍肉喰らい、キーカードを求めるデッキであれば臓物の予見者が優先される。ただし「クリーチャーを沢山並べるデッキ」はビートダウンプランが自然に視野に入るため、屍肉喰らいは基本的に相性が良い。また墓所這い/Gravecrawlerとのシナジーは大きな長所である。

レガシーではホガーク・ヴァインゾンバーメントの基本パーツとして採用されている。

パウパーでも黒絡みのデッキで幅広く利用されている。墓地肥えるグルマグのアンコウ/Gurmag Anglerに繋げやすくなる利点があるため、アドバンテージの喪失も帳消しにしやすい。

[編集] 参考

QR Code.gif