トラフト/Traft

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

トラフト/Traftイニストラード・ブロックおよびイニストラードを覆う影ブロックのキャラクター。カードとしてはイニストラード聖トラフトの霊/Geist of Saint Traftが初出。

目次

[編集] 解説

イニストラード/Innistrad吸血鬼/Vampireが棲む未開の地、ステンシア/Stensia州の人間男性。悪魔との戦いを専門とし、卓抜した剣技と破魔の魔法で名高い。その戦闘能力は天使たちですら一目を置くほどのものであった。

[編集] 経歴

[編集] アヴァシン教会の僧侶トラフト

トラフトは年若い頃からアヴァシン教会/The Church of Avacynの僧侶として、世界の底へと通ずる硫黄臭い坑である灰口/Ashmouth付近であらゆる邪悪なクリーチャーたちを打ち倒した。アヴァシン/Avacyn直属の戦天使たちも彼と共に多くの悪魔たちと戦った。その功績によって彼は40歳を前にして聖者として認められるようになった。

[編集] デーモンによる復讐

トラフトと天使たちの戦いは、デーモンたちの人間たちを堕落させてその魂を集め、大いなる力を得る計画を阻害していた。彼らはトラフトを排除すべく、トラフトを天使と分断して始末する計略を仕掛けた。

ある日トラフトがシャドウグランジ/Shadowgrangeの村に戻ると、自宅の屋根の上でひとりの天使が臨戦態勢をとっているのを見た。普段、天使は彼の邪悪との戦いの際には同伴するが今まで彼の家に来訪するようなことは無かった。家の扉の護法印は削り取られ、半開きになっていた。彼が中に入ると、台所のテーブルの上に「針の目/Needle's Eye」として知られる天険を示す箇所に短剣を突き立てられた地図と、血で綴られた「天使を連れずに一人で来い」と要求する脅迫状、そして少女の指があった。

トラフトは天使に「何でもない」と嘘をつき、一人で馬に乗って走り去った。天使も彼が何かを隠していることは気がついていたが、彼の技倆を信じて敢えて何も聞かずに行かせ、その後を追わなかった。

[編集] 聖トラフトの死

恐ろしき悪霊や吸血鬼の襲撃を掻い潜り、苦難の末に針の目に辿り着いたトラフトはそこで狂信者たちの集団が、指を一本失った少女を取り囲んで踊り狂っているのを見た。彼らの司祭は細かい彫刻をされた骨の短剣を抜き、彼に「天使を呼べば少女は死ぬ」と宣告する。司祭の呪文により周囲に黒い霧が垂れ込め、辺りは暗黒の闇に包まれた。少女を誤って傷つけぬよう彼は狂信者たちと少女の位置を把握することに集中しながら、次々と敵を屠っていった。最後に立っていたのは自身と少女だけだったことに一旦は安堵したが、彼はあることに気付き恐怖に襲われた。彼の手の中には自分の剣ではなく狂信者の骨の短剣が握られており、その刃はたっぷりと犠牲の血を吸っていたからだった。

地の底から響く恐ろしい嗤い声が響く。彼が短剣を取り落とすとそこから地割れが起こり、それは大地へと飲み込まれていった。彼は解放した少女を逃がし、自分の剣を手に取った。地割れから大いなる角と翼を持つ悪魔、ウィゼンガー/Withengarが姿を顕した時、彼はついに天使を呼ぶ祈りを捧げた。

その祈りに応えたのは先程トラフトの家の屋根にいた天使だったが時すでに遅し、彼は既に帰らぬ人となっていた。彼女の怒りは仲間の天使たちと共にウィゼンガーをひとたびは退けたが、その悪魔は後にまた顕れ世界を苦しめた。彼は埋葬された後も安らかな眠りにつくことはなく、この世界に霊/Geistとして留まり邪悪と戦い続けることを選んだ。彼はもう生前のような破魔の魔法の力は持たないが、彼が現れる時は必ずひとりの天使が寄り添い、常に彼を見守り、そして行動を共にすると言われている。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

イニストラードを覆う影
聖トラフトの祈祷/Invocation of Saint Traft

[編集] フレイバー・テキストに登場

イニストラードを覆う影
天上からの導き/Ethereal Guidance執念/Tenacity(聖トラフト騎士団として)、内部衝突/Dissension in the Ranks(同左)
異界月
忌の一掃/Repel the Abominableシガルダの助け/Sigarda's Aidガヴォニーの不浄なるもの/Gavony Unhallowed騎乗追撃/Ride Down(いずれも聖トラフト騎士団として)

[編集] イラストに登場

イニストラードを覆う影
聖トラフトの祈祷/Invocation of Saint Traft

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif