白鳥の歌/Swan Song

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Swan Song / 白鳥の歌 (青)
インスタント

エンチャント呪文1つかインスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを対象とし、それを打ち消す。それのコントローラーは、飛行を持つ青の2/2の鳥(Bird)クリーチャー・トークンを1体生成する。


打ち消した呪文の代わりにクリーチャートークンを与えるカウンター呪文。

1マナのカウンターは強力だが、2/2飛行というそれなりの性能のクリーチャーを与えてしまうのは無視できないデメリット。コントロールデッキで使うと対戦相手クロックを大きく加速してしまうし、クロック・パーミッションでは攻撃の邪魔になる。ほとんどのクリーチャーやプレインズウォーカーに手出しできないこともあり、無条件に採用できるカードとは言いがたく、使う際には何らかの工夫が欲しいところ。

ゲームエンド級のフィニッシャーコンボを通すために使うのであれば、デメリットはある程度無視できる。この場合軽さも利点となる。あるいは全体除去に巻き込んでしまうのも有効。フォーマットは限られるが、オースでの使用も考えられる。

また、自分の呪文を対象唱えてトークンを得ることもできる。普通に使うと損失が大きすぎるが、打ち消されない呪文や、立ち消えることや他の呪文・能力によって打ち消されることが確定した呪文を対象にすれば、実質1マナ2/2飛行として機能する。

スタンダードでは、主に払拭/Dispel無効/Annul否認/Negateなどとの比較になるだろう。それぞれ範囲が違うので、用途に応じて使い分けたい。

モダンレガシーではコンボデッキサイドボードに採用されることがある。

  • swan songとは、白鳥が死ぬ間際に歌うとされる、生涯で最も美しい歌のこと。転じて、芸術家の死ぬ前(あるいは引退する前)の最後の作品や、俳優・演奏家の最後の舞台のことを指す。

[編集] ルール

  • 打ち消されない呪文を対象にすることもできる。その場合、解決時に呪文を打ち消すことはできないが、トークンは戦場に出る
  • 解決時に対象の呪文が不正な対象になっていた場合、白鳥の歌を解決すること自体がなされなくなるため(いわゆる立ち消え)、トークンを生み出す効果も発生しない。上の例との違いに注意。
  • 授与を持つカードは、普通に唱えた場合も授与コストで唱えた場合も常にエンチャント呪文であり、このカードの対象として適正である。

[編集] 参考

QR Code.gif