ケイヤの誓い/Oath of Kaya

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oath of Kaya / ケイヤの誓い (1)(白)(黒)
伝説のエンチャント

ケイヤの誓いが戦場に出たとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはそれに3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。
対戦相手1人が、あなたがコントロールしているプレインズウォーカー1体をクリーチャー1体以上で攻撃するたび、ケイヤの誓いはそのプレイヤーに2点のダメージを与え、あなたは2点のライフを得る。


灯争大戦で新たにゲートウォッチ/The Gatewatchに加入したケイヤ/Kaya誓いETB能力ドレインプレインズウォーカーに関する能力はプレインズウォーカーが攻撃された際のさらなるドレイン。

ETB能力は闇の滋養/Dark Nourishmentまたは稲妻のらせん/Lightning Helix相当の3点ドレインで、対象を選ばない汎用性が嬉しい。こちらの能力だけでもマナ・コスト相当の力があり、延命しつつのクリーチャー除去、プレインズウォーカー除去、対戦相手へのバーンと3通りの使い道がある。腐ることがなくいつでも戦場に出しておけるのはありがたい。

後半の能力はプレインズウォーカーへの攻撃を躊躇わせる能力。何体で攻撃しても1回の攻撃につき2点のみ、攻撃クリーチャー自身には影響なし、と劇的な効果とは言い難いものだが、アグロ相手の延命手段としては悪くない。異なるプレインズウォーカーが攻撃された場合、2回誘発するのは覚えておきたい点。

相手のクリーチャーやプレインズウォーカーを落として1対1、エンチャント除去にカードを1枚使わせられれば2対1のアドバンテージが得られる。さらにライフの回復誘発型能力でのドレインがあるため、デッキ構成にもよるが単体で強いカードパワーを持つ。

リミテッドでは1番目の能力だけでも貴重な除去として便利。アンコモンにまでプレインズウォーカーが収録されているエキスパンションなので、2番目の能力が活きる機会も十分あるだろう。

スタンダードではエスパー・ヒーローエスパー・フレンズなど、白黒を含むデッキに採用される。中でも時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler‎を併用しているデッキでは、バウンスで使いまわせる利点も評価されている。

[編集] 参考

QR Code.gif