ティボルト/Tibalt

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ティボルト/Tibaltイニストラード・ブロックのキャラクター。カードとしてはアヴァシンの帰還悪鬼の血脈、ティボルト/Tibalt, the Fiend-Bloodedが初出。

目次

[編集] 解説

イニストラード/Innistrad出身の半人間・半小悪魔の男性、プレインズウォーカー/Planeswalkerイラスト

「苦痛の真の姿」に魅了されており、極めて嗜虐的な性格である。生物がどれだけの苦痛に耐えうるかという実験を「芸術」とみなしており、彼は多元宇宙/Multiverseを飛び回ってはそれを究めようとしている。

  • 多元宇宙の中でもお気に入りの犠牲者は故郷イニストラードの罪もない人々であり、時折は帰還している模様。

[編集] 経歴

[編集] 灯の点火

ティボルトは元々は人間であり、ネファリア/Nephaliaスカーブ師/Skaberen見習いだった。しかし彼が師のスカーブ/Skaab造りの技を模倣しても、そのための才能や自律心が欠如していた故に上手くいかなかった。その劣等感はやがて外の世界への憎しみへと変わり、彼は生物がどれほどの痛みに耐えることが出来るかの実験を始めるようになっていった。それも当初は害獣のみだったのが、やがては大きな動物、そして浮浪者を実験台にするまでに至った。

ティボルトの研究の邪悪さに引き寄せられるかのように研究室には夜な夜な小悪魔が集まり、その囁きは彼に「苦痛の真の姿」についての洞察をもたらした。全能感に酔いしれた彼は更に嗜虐的にそして無用心となったために、審問官/Inquisitorの訪れは時間の問題だった。小悪魔や拷問具でいっぱいの部屋に追い詰められたティボルトに待つのは処刑か良くても終身刑のみ、そこで彼は己が今まで他者に与えた全ての苦痛を受けることにより小悪魔たちと融合する呪文を解き放つ。この時、彼のプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkは点り、多元宇宙へと逃れさった。

[編集] ソリンvsティボルト

次元渡りが可能となった後も故郷のイニストラードに歪んだ愛情を持っており、しばしば帰還しては無関係の生物を餌食にしている。しかし己の欲望にしか目を向けない傍若無人な狂人を、イニストラードの君主であるソリン・マルコフ/Sorin Markovが見過ごすはずもなかった。

[編集] プレインズウォーカー達の現状/Checking in on the Planeswalkers

ソリンに目を付けられたことに加え、イニストラード以外の次元/Planeにも芸術活動を行える場所は数多に存在する。更に大規模な「悪戯」の機会を画策するティボルトの目は、今や他の次元にも向けられていた。苦痛に歪んだ悲鳴があるそばには必ず彼の存在があるだろう。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] デュエルデッキ

[編集] フレイバー・テキストに登場

ソリンvsティボルト
荒廃稲妻/Blightning怒鳴りつけ/Browbeat

[編集] イラストに登場

ソリンvsティボルト
荒廃稲妻/Blightning、怒鳴りつけ/Browbeat

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif