怪物たらし、グルシルダ/Grusilda, Monster Masher

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

怪物たらし、グルシルダ/Grusilda, Monster Masher (3)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー ― ゾンビ(Zombie)・悪人(Villain)

あなたがコントロールしていて、結合されているかエンチャントされているか装備しているクリーチャーは威迫を持つ。
(3)(黒)(赤), (T):墓地からクリーチャー・カード2枚を対象とし、それらをあなたのコントロールしているクリーチャー1体に結合した状態で戦場に出す。(それのパワーはそれらの合計のパワーに等しく、それのタフネスはそれらの合計のタフネスに等しく、それはそれらの名前、マナ・コスト、タイプ、文章欄などを持つ。)

4/4

アーティスト:Mathias Kollros


卑怯な破滅軍団/League of Dastardly Doomの現在の中心チームの一人である伝説のゾンビ悪人。何らかのパーマネントがついているクリーチャーへの威迫付与と、墓地のクリーチャー2体を結合させてリアニメイトする能力を持つ。

威迫付与の方はUnstable拡張持ちだけでなく、オーラ装備品にも対応しているのが嬉しいところ。これ自身にもオーラや装備品をつけることにより、5マナで4/4威迫という及第点のスペックを発揮してくれる。ただし自身の起動型能力が強力かつタップ能力であるため、わざわざこれで攻撃したい状況はあまり多くないか。もちろんブロッカーとしてもある程度信頼できる性能である。

特徴的なのは起動型能力で、拡張を持たないクリーチャーまで強制的に結合させて戦場に出すことができるという一風変わったリアニメイトである。やっていることは黒枠なら擬態の原形質/The Mimeoplasmが近いが、パワータフネス点数で見たマナ・コストは2体の合計であり、クリーチャー・タイプや「伝説の」などのサブタイプアーティファクトエンチャントであることなども両者を足したものになり、能力も両者の合算…など、まさに「そのまま足し合わせた」代物ができあがる。強力な能力持ちとサイズに優れたクリーチャーの組み合わせで脅威度を増したり、同じクリーチャーが持つことでシナジーを持った能力を併せ持たせてコンボ的運用にしたりとなかなか滅茶苦茶なことができる。しかも何度も使えるリアニメイトであるため結合させたクリーチャーを除去されようが出し直せるし、グルシンダの能力によって威迫まで付与できると至れり尽くせり。回数や起動タイミングや対象の制限、ターン終了時に追放されたりもしないため、単純なリアニメイトとしてもここまで高性能なものは中々ない。ただし対象が必ず2体必要であることだけは注意。

[編集] ルール

常在型能力
  • 「結合されている」とは、グルシルダ自身の起動型能力か、拡張で結合しているクリーチャーのことである。また、合体している合体カードも「結合されている」ものとして扱う[1]
起動型能力
  • 自身のP/Tを定義する能力を持つクリーチャー2体を結合させた場合、それぞれの結果を個別に計算し、それを足したものがP/Tとなる[1]
  • 宿主・クリーチャーと拡張を持つクリーチャーを結合させることもできる[1]
  • 宿主でないクリーチャーと拡張持ちを結合させることも一応可能ではあるが、戦力としては使えない。それは「戦場に存在する拡張を持つクリーチャー」になるため、その結合したクリーチャー、すなわち2枚のカード両方が状況起因処理墓地に置かれる[1]
  • 2体の宿主をグルシルダで結合させ、それに拡張持ちを結合させることも可能である。それは3枚のカードから成る1体のクリーチャーとなる[1]
  • 1体のクリーチャーとして戦場に出すので、「他のクリーチャーが戦場に出るたび」といった誘発型能力は1回しか誘発しない[2]
  • あなた以外の墓地に存在するクリーチャー・カードも対象にすることができる。
    • オーナーの異なる2体のクリーチャーを結合させた後、刻印/Brand家路/Homeward Pathを使うとややこしいことになる。単一のパーマネントを複数のプレイヤーがコントロールすることはできないので、何らかの方法(合意できる方法がなければダイスロールとする)でそれをコントロールするプレイヤーを決める必要がある。結合したクリーチャーが分離するわけではない[3]
  • 墓地に1組のB.F.M. (Big Furry Monster)があるなら、それを1体のクリーチャーとして戦場に出すことができる[4]

[編集] 開発秘話

グルシルダは、死体を継ぎ合わせて人造人間を生み出したヴィクター・フランケンシュタインや、動物を人間のように改造したモロー博士のような、生物学的な禁忌を犯すキャラクターをモチーフとしたヴィランである。そのためこのカードも、元々は宿主/拡張との相互作用はなかったのだが、やっていることがよく似ているのにメカニズム的な繋がりがないのは不自然に見えるため、最終的には同じ「結合」という言葉を用いたデザインとなった[5]

[編集] ストーリー

グルシルダ/Grusilda卑怯な破滅軍団/League of Dastardly Doomを率いる小集団、邪悪軍団/The Legion of Evilの一員。オレンジのメッシュが入った青紫の髪と、左手に装着した巨大な鉤爪が特徴(イラスト)。自らも生ける屍でありながら、様々な生物の死体を継ぎ合わせ、異形の怪物を生み出している。

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Unstable FAQAWASLFAQPAFTIDAWABIAJTBT/『Unstable』 よくある質問とそうでもない質問とめったにないだろうけど一応答えておく質問集(News 2017年11月22日 Mark Rosewater著)
  2. Blogatog(Mark Rosewaterのブログ)
  3. Blogatog
  4. Blogatog
  5. Unstable Scraps, Part 2/『Unstable』のスクラップ その2(Making Magic 2017年12月4日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif