B.F.M. (Big Furry Monster)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

B.F.M. (Big Furry Monster) (黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)(黒)
— (Scariest Creature You'll Ever See)

あなたはB.F.M. (Big Furry Monster)を戦場に出すために、B.F.M. (Big Furry Monster)の両方のカードをプレイしなければいけない。
B.F.M. (Big Furry Monster)のいずれか一方が戦場を離れたとき、もう一方を生け贄に捧げる。
B.F.M. (Big Furry Monster)は3体以上のクリーチャーによってしかブロックされない。

99/99

WHISPERのカード・タイプは正常に表示されていません。正しくは「クリーチャー ― 史上最強最凶最驚最恐生物(The-Biggest-Baddest-Nastiest-Scariest-Creature-You'll-Ever-See)」です。

2枚で1組のカード(カード画像)、黒15マナというマナ・コスト、99/99というパワータフネス、非常に長いクリーチャー・タイプ名。どれをとっても普通ではないことが分かる巨大クリーチャー

そのサイズの圧倒的な大きさから、最強クリーチャーや最大クリーチャーの話題でしばしば挙げられる。

[編集] ルール

Unglued Rulings Summary相良守人訳)より引用および改変。

  • 左右のカードはそれぞれ黒15マナのマナ・コストを持つレアのクリーチャー・カードである。左側にはマナ・コストが書かれていないが、それのマナ・コストは0ではない。
  • トーナメントでは、左右をそれぞれ4枚まで入れることができる。
  • 「両方」とは左右1対を指す。左側2枚や右側2枚で戦場に出すことはできない。
  • 戦場にあるときは1体のクリーチャーとして扱う。
  • 生ける屍/Living Death歯と爪/Tooth and Nailなどの複数のクリーチャー・カードを戦場に出す効果で戦場に出せるという裁定が出されている。
    • テキストでは「プレイしなければいけない」となっているので、R&D's Secret Lairにより、これらのプレイでない方法で戦場に出すことを封じられる。

[編集] 関連カード

これを基にしたメカニズムが何種類か作られている。

  • 分割カード - B.F.M.の「大き過ぎて2枚のカードでないと表せない」というデザインの逆で「小さすぎて2枚ないと1枚分にならないようなカード」として作られた 。[2]
  • 合体カード - 第1面はそれぞれ別のパーマネントだが、合体して第2面になると2枚で1つのパーマネントを表す。B.F.M.が左右で2枚1組なのに対し、合体カードは上下で2枚1組となる。[3]
  • S.N.O.T. - 同じカード同士がくっついて大きくなるというデザイン。[4]
  • 宿主拡張 - 宿主に拡張を持つカードをつけることで2枚1組のクリーチャーにできる。[4]

[編集] フレイバー・テキスト

It was big. Really, really big. No, bigger than that. Even bigger. Keep going. More. No, more. Look, we're talking krakens and dreadnoughts for jewelry. It was big!
Arna Kennerud, skyknight
大きい。実に、本当に大きい。あれより大きなものはまず存在しないわ。もっともっと大きいの。それ以上ないほど。見て、話してたクラーケンやドレッドノートを飾りにしてるわ。とにかく大きいの!
飛空騎士、アーナ・ケネルッド

[編集] 参考

  1. Get It? (2004年8月16日 Mark Rosewater著)
  2. 2.0 2.1 Twenty Years, Twenty Lessons—Part 3/20の年、20の教訓 その3(Making Magic 2016年6月13日 Mark Rosewater著)
  3. Over The Moon, Part1/月を超えて その1(Making Magic 2016年6月27日 Mark Rosewater著)
  4. 4.0 4.1 The Un-Ending Saga, Part 3/終わりなき銀枠物語 その3(Making Magic 2016年6月13日 Mark Rosewater著)
QR Code.gif