強打のらせん/Smiting Helix

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Smiting Helix / 強打のらせん (3)(黒)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。強打のらせんはそれに3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る。
フラッシュバック(赤)(白)(あなたはあなたの墓地から、このカードをこれのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後、これを追放する。)


生撃ち時には1マナ軽い本質の吸収/Essence Drainフラッシュバック時には稲妻のらせん/Lightning Helixとなるソーサリー。本質の吸収の上位互換

フラッシュバック・コスト唱えたときのコスト・パフォーマンスのよさはさすが往年の名カードと言ったところ。そのぶん生撃ちは(本質の吸収より軽いとはいえ)いささか重く、取り回しが悪い。

構築基準で考えると、生撃ちはせずに手札から捨てるライブラリー削って直接墓地に置くかして、墓地から唱えるのが前提となるだろうか。その場合はドレッジのようなタイプのデッキでの使用となるだろう。ただし1枚のカードで合計6点ダメージ、都合12点のライフ・アドバンテージとなる火力と言うのはなかなかの高効率ではあるため、生撃ちも視野に入れてマルドゥ・ミッドレンジで使用する手もあるだろう。マルドゥ・パイロマンサーでは、生撃ちでもよし、禁止カードになる前の信仰無き物あさり/Faithless Lootingで捨ててもよしのカードとして使われていた。

一方リミテッドでは、貴重な除去であるため生撃ちからフラッシュバックまで2回分きっちり使いたい。ただしフラッシュバック目当てでいたずらに色を増やすことで事故を起こしてしまっては本末転倒。幸い誘惑の洞窟/Cave of Temptationアーカムの天測儀/Arcum's Astrolabe等で無理なく3色目をタッチできるため、平地を入れない構築でも3色目の捻出は可能。

[編集] 参考

QR Code.gif