小悪魔の遊び/Devil's Play

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Devil's Play / 小悪魔の遊び (X)(赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。小悪魔の遊びはそれにX点のダメージを与える。
フラッシュバック(X)(赤)(赤)(赤)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


フラッシュバック付きの猛火/Blaze。数ある猛火の上位互換の1つ。クセの強かった燃えたつ計略/Flaming Gambitと比べてもより本家に近く、使いやすくなった。

構築では無限コンボでもない限りX火力は採用されにくいが、2回撃てるとなれば話は別。重いがカード・アドバンテージをとれる除去で、かつ状況によってはフィニッシャーとして使う事も出来るため、赤緑などマナが伸びるタイプのデッキには採用出来る。

通常の用途通り無限マナからのフィニッシャーにする場合、フラッシュバック付きであることが大きな利点になりえる。あわせて2回使える点に着目すれば、1回までなら打ち消し軽減に耐えられるので、苦悩火/Banefireほどではないとはいえ妨害を受けづらい。墓地から使える点を見れば、無限コンボの過程でライブラリーが全部墓地に落ちてしまったり手札が0枚になってしまったりするデッキでも安定して使用できる。

もちろん、もともとX火力の強力なリミテッドでは優秀。フラッシュバックを無視してタッチで使ってもよい。

  • カード名フレイバー・テキストは「Idle hands are the Devil's playthings.」(暇人の手許は悪魔の遊び場)ということわざから来ていると思われる。それを受けて日本語のフレイバー・テキストも日本語での同様の意味のことわざ「小人閑居して不善を為す」を捻ったものになっている。
A devil's hands are never idle.
不善をなす小悪魔閑居せず。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

イニストラードの、レアフラッシュバックを持つ呪文サイクル以外はフラッシュバック・コストが(5)(C)(C)で統一されている。

[編集] 参考

QR Code.gif