燃えたつ計略/Flaming Gambit

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Flaming Gambit / 燃えたつ計略 (X)(赤)
インスタント

プレイヤー1人を対象とする。燃えたつ計略はそのプレイヤーにX点のダメージを与える。そのプレイヤーは「自分がコントロールするクリーチャーを1体選び、代わりに燃えたつ計略は選ばれたクリーチャーにそのダメージを与える」ことを選んでもよい。
フラッシュバック(X)(赤)(赤)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


猛火/Blazeの亜種。フラッシュバックがついたかわり融通が利きにくくなったX火力呪文

プレイヤーにでもクリーチャーにでもダメージ与えられる可能性があって、インスタント・タイミングで撃てて、火種赤マナ1点のみ。おまけにフラッシュバックで2回使える。これだけ聞くと非常にお得に感じるが、しかしこの呪文のダメージは、相手側が「自分自身か自分のクリーチャー1体」の中から自由に選べるようになっている。これは、クリーチャー除去としてはほとんどの状況において懲罰者カード布告よりも更に劣り、またプレイヤー火力としては言わばチャンプブロックされる恐れがある、という性質である。自分が狙った対象にダメージを与えることは非常に難しいと言えるだろう。

何らかの方法で対戦相手のクリーチャーを消してしまえば弱点がなくなるので、割のいい本体火力となる。ただ、自分にアタッカーがいて対戦相手にブロッカーがいないだけなら、戦闘で押せばよいだけの話。つまり、自他問わずクリーチャーが戦場から一掃される状態を作り出すことで、この呪文の真の力を発揮できる。

[編集] 参考

QR Code.gif