実存

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

実存/Substanceは、かつて存在した、ミラージュMagic Onlineでリリースされる際に制定されたキーワード能力。現在は廃語である。


旧オラクル

Waylay / 要撃 (2)(白)
インスタント

白の2/2の騎士(Knight)クリーチャー・トークンを3体場に出す。それらはターン終了時まで実存を得る。それらが実存を失ったとき、それらをゲームから取り除く。


[編集] 解説

ミラージュ・ブロックインスタントメントなど、一部のカードの処理のために作られた、単なるマーカーとしての能力であり、実存自体は一切効果を持たない。実存を与えるカードは、いずれも「ターン終了時まで」の期間が設けられており、実存を失ったとき(クリンナップ・ステップ時)に誘発する誘発型能力を併せ持っていた。

ミラージュがMagic Onlineでリリースされるによるルール改正で、2005年10月より採用された。その後2006年10月のエラッタで、いわゆるホワイト・ライトニングの問題を解決するために2枚のカードのオラクルが実存を用いた文章となった。

基本セット2010発売に伴うオラクル・総合ルールの更新によって、実存は廃止され、実存を用いていたカードは「次のクリンナップ・ステップの開始時」に誘発する誘発型能力を含むように変更された。

なお、印刷されたカードに実存と表記されているものは存在しない。

[編集] 実存の問題点

インスタントメントの実存は常在型能力によってスタック上で得る能力だが、ここに問題があった。CR:400.7aにはスタックに置かれている間に変更された特性がパーマネントにも適用されるのは「呪文や起動型能力や誘発型能力の効果」と書かれており、効果の種類について限定していないCR:112.4と矛盾が生じていた。

[編集] 導入の経緯

この能力が導入された理由は、ミラージュ時代の第5版ルールと、第6版以降のルールとで、「ターンの最後に(ターン終了時に)」と「ターン終了時まで」との処理タイミングが異なっているためである。

大雑把に言ってしまうと、第5版以前では「ターン終了時まで」を処理してから「ターンの最後に」、という流れであったため、例えば何かのダメージからタフネス修整のインスタントメントでクリーチャーを守った場合、ちゃんとダメージが取り除かれてからインスタントメントが外れるようになっていた。

しかし第6版ルールになるとこれが逆転し、「ターン終了時に」を処理してから「ターン終了まで」の処理に移るようになる。これだと、ダメージが取り除かれる前にインスタントメントが外れてしまい、結局クリーチャーが死んでしまって守ったことにならない、という事態が発生するようになる。

この修正はまさにこの問題点を解決し、第5版以前の時と同様の働きをさせるようにするためのものであり、実に6年ぶりの「第5版ルールの後始末」と言える。

[編集] かつて実存を持っていたカード一覧

2005年10月オラクル更新で実存を用いるようになったカード

2006年10月オラクル更新で実存を用いるようになったカード

[編集] 類似の問題を抱えていたものの、実存は用いられなかったカード

詳細は各カードの記事を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif