大演算器/The Grand Calcutron

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

大演算器/The Grand Calcutron (白)(青)
伝説のアーティファクト

大演算器が戦場に出たとき、各プレイヤーの手札はプログラム(公開されたカードの順序のある並び)となる。
プレイヤーは自分のプログラムの最初のカードだけをプレイできる。
カードがいずこかからプレイヤーの手札に入るなら、そのプレイヤーはそれを公開し、自分のプログラムのいずれかの場所に入れる。
各プレイヤーの終了ステップの開始時に、そのプレイヤーのプログラムのカードが5枚未満なら、そのプレイヤーはその差分のカードを引く。
透かし:小型装置団/Order of the Widget


自身に改造を重ねて、サイボーグはおろかついにクリーチャーですらなくなってしまった小型装置団/Order of the Widgetの指導者。プレイヤー手札を「プログラム」化するという能力を持つ。

簡単に言えば、手札は公開したうえで並べた順番通りにしかプレイ出来なくなる代わり、ターン終了時に少なくなっていれば5枚まで補充されるというもの。手札の運用の自由度が大きく下がってしまい、ありとあらゆるプレイングを一切合切あらかじめ計画立てて行わなければならなくなる一方で、手札が必ず5枚まで補充されるようになるため、上手に手札を使い切れば大幅なハンド・アドバンテージを獲得できるという強みもある。

プログラムがパーマネント・カード偏重、あるいはウィニーバーンのように比較的単純な構成であるなら、あまり窮屈さを感じないかもしれない。逆に、適切な対象が必要な呪文はプログラムの順序決めが難しく、唱えたい時に唱えられない/唱えたくないのに唱えなければならない、といったこともしばしば。特に対戦相手の行動に対応して除去コンバット・トリック打ち消しなどは、手札が公開情報になってしまっていることも含めて、使用の難易度が跳ね上がる。

手札の非公開性カード・アドバンテージの概念、自由な順序でカードを使える、といったマジックの根本的な仕組みや戦略性が全てぶち壊され、戦場に出した瞬間から別のゲームが始まる。この「プログラム戦」に習熟していれば有利に、していなければ不利になるのは確実である。ソリティア練習を重ね、マジック界の名プログラマーを目指したい。

[編集] ルール

  • プログラムは依然として手札であることには変わりが無いので、手札を参照したり手札を捨てることはできる。
  • プログラム以外の場所から土地をプレイしたり呪文唱えることは自由である[1]
  • あなたが他人のプログラムのカードをプレイできる場合も、それがプログラムの最初のカードで無い限りプレイできない[2]

[編集] 関連カード

Unstableの各陣営のリーダーのサイクル。いずれも神話レアで、2伝説のパーマネントになっている。

大演算器のみ伝説のクリーチャーではないが、統率者に指定できるという特別裁定が出ている。またストーリー上は、卑怯な破滅軍団を率いるのはカウント男爵、すごいアイデア/The Big Idea怪物たらし、グルシルダ/Grusilda, Monster Masher殺しのメアリー/Mary O'Killの4人である。

[編集] 脚注

  1. Mark RosewaterのBlog
  2. Mark RosewaterのBlog

[編集] 参考

QR Code.gif