古きバズバーク/Ol' Buzzbark

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

古きバズバーク/Ol' Buzzbark (X)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー ― ゴブリン(Goblin)・戦士(Warrior)

古きバズバークが戦場に出たとき、6面体サイコロをX個、戦場の上でXインチ以上の高さから振る。各サイコロごとに、あなたがコントロールしていてそのサイコロに触れている各クリーチャーの上にそれぞれ、その出目に等しい数の+1/+1カウンターを置く。サイコロ1個につき、あなたがコントロールしておらずそのサイコロに触れている各クリーチャーにその出目に等しい点数のダメージを与える。

3/3

アーティスト:Wayne Reynolds


ゴブリンの爆発屋/Goblin Explosioneersの指導者である伝説のゴブリン戦士6面ダイスを使った無作為すぎる強化ダメージをばらまくETB能力を持つ。

ダイスがどこに転がるかも、どの出目が出るかも予想がつかないが、効果自体は強力。本体自体が3/3と実戦的なP/Tであり、ダイスがクリーチャーの上にさえ止まれば、どう転んでも結構なアドバンテージが得られる。

殺人カマキリ/Slaying Mantisとは異なり、スタックに乗ってから戦場カードを動かすことは制限されていないので、カードを動かして転がってくるサイコロを回避したり、使う側も大きめのダイスを使って確実に2つのカードに接するように振ったりといった芸当もルール上は禁止されていないが、マジック・イベント規定にもあるように紳士的態度で楽しむことを心がけよう。

[編集] ルール

  • 1インチとは2.54cmのこと。
  • ダイスは、指定された戦場の高さから一度に振らなければならない[1]
  • このカードに限っては、ダイスは1片が1インチ以下のもので、カードを傷つける恐れの無いものを使わなければならないと裁定が出ている。
  • 1個のダイスが複数のカードに触れていた場合、それぞれにその出目に等しい効果を与える。
  • 現行のルールでは戦場に出たあとの誘発型能力では唱えるときに指定したXの値は参照できず、隔離の場/Quarantine Fieldのように戦場に出る際の常在型能力を経なければならないのだが、まぁ銀枠だし。
  • ダイスが他のプレイヤーのゲームまで飛び散っても、+1/+1カウンターダメージを与えたりしない[2]
  • Mox Lotusからの無限マナをつぎ込むと、無限個のダイスを振れるが無限の距離から振られたダイスはカードに到達できないため、ゲーム引き分けとなる[3]
    • 有限の数……例えばX=4万にすると、1kmの高さから4万個のダイスを振る事になる。どう見てもダイスによる物理的な絨毯爆撃となり死傷者が出かねないため、程々にしよう。

[編集] 関連カード

Unstableの各陣営のリーダーのサイクル。いずれも神話レアで、2伝説のパーマネントになっている。

大演算器のみ伝説のクリーチャーではないが、統率者に指定できるという特別裁定が出ている。またストーリー上は、卑怯な破滅軍団を率いるのはカウント男爵、すごいアイデア/The Big Idea怪物たらし、グルシルダ/Grusilda, Monster Masher殺しのメアリー/Mary O'Killの4人である。

[編集] 参考

  1. Mark RosewaterのBlog
  2. Mark RosewaterのBlog
  3. Mark RosewaterのBlog
QR Code.gif