偏頭痛/Megrim

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Megrim / 偏頭痛 (2)(黒)
エンチャント

対戦相手がカードを1枚捨てるたび、偏頭痛はそのプレイヤーに2点のダメージを与える。


対戦相手カード捨てるたびに、その対戦相手に2点のダメージを与えるエンチャント

手札破壊を多数搭載したデッキのダメージ源として使われるのが基本。大量手札破壊を行う悪疫/Pox、恒久的に手札破壊を行う屍気の霧/Necrogen Mists(→メグリム・ミスト)などと組み合わせるとダメージを与えやすい。

欠点は、手札破壊自体にも言えることだが、対戦相手の手札がなくなってしまうと機能しなくなくなってしまうこと。そこで、対戦相手にドローさせつつ捨てさせるようなカードと組み合わせると、無駄になりづらく大ダメージを与えやすい。最も有名な例は記憶の壺/Memory Jarとのコンボであり、歴史に残るほどの凶悪デッキメグリムジャーを生み出した。メグリムジャーほど有名ではないが、ウルザの罪/Urza's Guiltと組み合わせたメグリム・ギルトも知られている。

手札破壊と組み合わせるのではなく、手札を捨てることがコスト効果に含まれるカード群への対策カードとしても有用。MoMa精神力/Mind Over Matterサイクリングなどに対するサイドボードとして採用された実績がある。マッドネス変成にも効果的だろう。

  • カードを捨てることによってダメージを受けるのは対戦相手のみである。
  • 日本語としては偏頭痛を「へんとうつう」と読むのは誤りではないが、第9版以降の振り仮名は「へんずつう」である。
    • 解剖学では原則として「頭」は「とう」と読む(例:「頭蓋骨」=「とうがいこつ」)。
    • 一方、医学では「頭痛」は「ずつう」、「偏頭痛(片頭痛)」は「へんずつう」と読む決まりである。(これは、医療者同士が口頭で医療情報を交換する際、「疼痛」(とうつう)や「扁桃痛」(へんとうつう)等と区別できない場合、大問題となる可能性があるためである。)
  • 第7版から基本セット2010まで基本セットに収録されていた。しかし基本セット2011では再録されず、ダメージではなくライフを失わせる効果の2マナのリリアナの愛撫/Liliana's Caressに置き換えられた。

[編集] 参考

QR Code.gif