吸血鬼の夜侯/Vampire Nocturnus

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vampire Nocturnus / 吸血鬼の夜侯 (1)(黒)(黒)(黒)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire)

あなたのライブラリーの一番上のカードを公開した状態でプレイする。
あなたのライブラリーの一番上のカードが黒であるかぎり、吸血鬼の夜侯とあなたがコントロールする他の吸血鬼(Vampire)クリーチャーは+2/+1の修整を受けるとともに飛行を持つ。

3/3

基本セット2010に登場した、吸血鬼ロードライブラリーの一番上をチェックするという、少々変わった条件を持っている。

通常のロードよりも大きいパワーへの修整値に加えて飛行も与えるため、はまったときの攻撃力はなかなかのもの。4マナ3/3というラインを超えているが、トリプルシンボル色拘束がきついことも含め、できる限り能力が発揮できるようなデッキ構築を目指したい。色事故防止や、ライブラリー切り直す手段としてフェッチランドを採用するとよいだろう。

登場時点での吸血鬼は大型重いものが多く並べにくい上に、大抵は自前で飛行を持っているため、能力が活かしにくかった。しかし、続く大型エキスパンションゼンディカーで吸血鬼が部族として大々的に取り上げられ、優秀な部下を得ることに成功。ゼンディカー・ブロックを含むスタンダード吸血鬼デッキが誕生し、吸血鬼の夜候はその打撃力アップの要として活躍している。

  • +2/+1といびつな修整値だが、のカードには邪悪なる力/Unholy Strength堕天使/Fallen Angelなど、パワー寄りの修整を与えるカードが多い。
  • 同セットのレアに存在するロードに対して、こちらは自身にも修整が与えられることに注意。
  • ライブラリーの一番上のを参照する辺り、収斂の冠/Crown of Convergenceに似ている。
    • 「ライブラリーの一番上のカードが黒である限り」という条件は、おそらくは「夜(日が昇っていない時間)」を表現しているのだろう。夜に吸血鬼がその本来の力を現すことを表現した能力である。
  • 基本セット2011ではこれと入れ替わる形で、新たな吸血鬼のロードの蟲惑的な吸血鬼/Captivating Vampireが登場した。

[編集] 関連カード

吸血鬼へのロード能力を持つカード。特記しない限りあなたの吸血鬼に+1/+1修整を施す。

[編集] 参考

QR Code.gif