流城の隊長/Stromkirk Captain

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Stromkirk Captain / 流城の隊長 (1)(黒)(赤)
クリーチャー — 吸血鬼(Vampire) 兵士(Soldier)

先制攻撃
あなたがコントロールする他の吸血鬼(Vampire)クリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに先制攻撃を持つ。

2/2

黒赤吸血鬼ロード。自身は先制攻撃を持ち、他の吸血鬼にも先制攻撃を与える。

P/T強化と先制攻撃は相性がよく、クリーチャー同士の戦闘を有利に進められるようになる。自身も先制攻撃を持つため、ロードでありながら小型クリーチャー程度とならば戦闘をこなせる。2デッキにする必要があるが、吸血鬼デッキを支える強力なロード。

  • 歴代の吸血鬼のロードはクセが強いものが多く、「+1/+1修整キーワード能力」という標準的なロードはこれが初。もっともこれも多色という点ではややクセがあるとも言えるが。
  • 同じ+1/+1修整+先制攻撃を与えるロードには兵士陸軍元帥/Field Marshalがいる。
    • 比較して、自身も先制攻撃を持つうえ、敵を強化する危険がない点でこちらのほうが性能が高い。この差は色の役割などの問題というより、単純に時代の差であろう。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

闇の隆盛多色ロードのサイクル。人間以外の主要部族に1枚ずつ存在する。いずれもアンコモンで3マナ2/2。狼男のロードである常なる狼/Immerwolf以外は「隊長」の名を冠し、兵士クリーチャー・タイプを持つ。

イニストラードから闇の隆盛の時間経過により怪物の力が増していることを表現したサイクルである。アンコモンなのはリミテッドでの部族デッキ促進を兼ねている。(→Dark Shadows, Part 1参照)

Sam Stoddardは後にこのサイクルについて、リミテッドで「カードパワーが高すぎて『ピックできれば勝ち』になってしまう」「どの部族でも似たような戦略になってしまい、各部族の個性が表現されない」という問題点があったと指摘している。(Revisiting Tribal/部族再訪)

[編集] 参考

QR Code.gif