スケルトン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スケルトン/Skeletonは、クリーチャー・タイプの1つ。いわゆる動くガイコツ。


Drudge Skeletons / 蠢く骸骨 (1)(黒)
クリーチャー — スケルトン(Skeleton)

(黒):蠢く骸骨を再生する。

1/1


Reassembling Skeleton / 組み直しの骸骨 (1)(黒)
クリーチャー — スケルトン(Skeleton) 戦士(Warrior)

(1)(黒):あなたの墓地にある組み直しの骸骨をタップ状態で戦場に戻す。

1/1


Golgari Grave-Troll / ゴルガリの墓トロール (4)(緑)
クリーチャー — トロール(Troll) スケルトン(Skeleton)

ゴルガリの墓トロールは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき、その上に+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(1),ゴルガリの墓トロールから+1/+1カウンターを1個取り除く:ゴルガリの墓トロールを再生する。
発掘6(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど6枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)

0/0

初出はリミテッド・エディション蠢く骸骨/Drudge Skeletons。蠢く骸骨は基本セット2010まで皆勤であり、彼が退場した後もスケルトンは基本セット2015まで基本セット皆勤を続けていた。

ほぼかそれを含む多色単色単色にも1体ずつ存在する。

ゾンビと違って骨だけになっているからであろうか、ほぼすべてが再生能力を持っている。小型のものが多いが、再生のおかげでリミテッドではいいブロッカーとなってくれる。

部族カードとして、ロード死の男爵/Death Baron、対策カードとしてアンデッドを屠る者/Undead Slayerがある。

スケルトン・トークンを生み出すカードDrudge Spell骸骨化/Skeletonizeがある。どちらも蠢く骸骨と同じく黒の1/1で再生する能力を持つ。

伝説のスケルトンはSkeleton Ship荒廃のドラゴン、スキジリクス/Skithiryx, the Blight Dragonの2体が存在する(テーロス現在)。

  • 中国では骸骨が描かれているものなどは法律の制約上問題があるため、中国語版ではイラストが差し替えられることが多い。

[編集] 参考

QR Code.gif