交易所/Trading Post

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Trading Post / 交易所 (4)
アーティファクト

(1),(T),カードを1枚捨てる:あなたは4点のライフを得る。
(1),(T),ライフを1点支払う:白の0/1のヤギ(Goat)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
(1),(T),クリーチャーを1体生け贄に捧げる:あなたの墓地にあるアーティファクト・カード1枚を対象とし、それをあなたの手札に戻す。
(1),(T),アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:カードを1枚引く。


4つの起動型能力を持つアーティファクト。それぞれタップと1マナに加えて様々なコストを必要とするが、能力が連鎖的に噛み合っており、繰り返し使うことで多様な角度からアドバンテージを獲得できる。

1つ目の能力は、手札からライフへの変換。カード・アドバンテージこそ失うが、繰り返し使える事に加え、カード1枚と1マナで4点回復と変換効率はよい。何らかの手札補充手段と合わせて毎ターン使用できる体勢を整えれば、バーンビートダウンは悶絶ものだろう。またはカード捨てられる点に着目すれば、墓地肥やし共鳴者にも使える。この能力だけ見ると、安らぎ/Peace of Mindが近い。

2つ目の能力は、ライフからクリーチャーヤギトークン)への変換。4つの能力で唯一直接的にカード・アドバンテージを稼げるため、使用機会は多いだろう。トークンは攻撃能力こそ持たないものの、様々な使い道がある。特に、継続的に生け贄を要求するカードを安価に維持できる点は注目に値する。また、チャンプブロックに使えるため、ライフを支払っているにも関わらず擬似的なライフ回復になるとも言える。

3つ目の能力は、クリーチャーからアーティファクトへの変換。戦場のカードを失いつつ手札への回収なので、一般的にはテンポ・アドバンテージで損をするものの、チャンプブロッカー除去を撃たれたクリーチャー生け贄に捧げて強力なアーティファクトを回収するなど無駄なく運用する事で総合的なアドバンテージの獲得へと繋がる。対象をとっているので、コストにするアーティファクト・クリーチャー自身を回収することはできないが、2枚あればぐるぐる回すこともでき、それがワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engineマイアの種父/Myr Sireならトークンが増える。

4つ目の能力は、アーティファクトから手札への変換。手札を充実させることは単純に強力である。また、いざとなったら自身を生け贄に捧げられるので、どんな相手にも腐ることがない。柔軟性の確保という点で非常に重要な能力である。特に胆液の水源/Ichor Wellspringマイコシンスの水源/Mycosynth Wellspringとは相性がよく、手札を一気に充実させる事ができる。

いずれの能力も1つ1つの効果自体は4マナというマナ・コストに比しては小さく、やや悠長ではあるが、適切な運用を繰り返すことで対戦相手と決定的なアドバンテージ差をつけることができることから評価も高く、構築でも採用されている。相性の良いアーティファクトが多数存在するミラディンの傷跡ブロックとのスタンダードでの共存期間が短いのが残念な所。

[編集] 参考

QR Code.gif