不朽の理想/Enduring Ideal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Enduring Ideal / 不朽の理想 (5)(白)(白)
ソーサリー

あなたのライブラリーからエンチャント・カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。
歴伝(ゲームの残りの間、あなたは呪文を唱えられない。あなたの各アップキープの開始時に、その歴伝能力を除き、この呪文をコピーする。)


歴伝エンチャントサーチ。その名の通り、不朽の理想デッキのキーカードである。

さえも気にせず直接戦場に出せるため、様々な使い方ができる。基本的にはシルバーバレット風に、状況に応じた順番でエンチャントを出していくのがよいだろう。相手に火力が無いならドラゴン変化/Form of the Dragon攻撃を防いでもよいし、相手がフィニッシャーを出しているなら押収/Confiscateで奪ってもよい。祭殿を揃えてみたり、古典的に防御円で対抗してもよいだろう。そして、それらエンチャントを守る特権階級/Privileged Positionもサーチできる点も見逃せない。また、機知の戦い/Battle of Witsをサーチする手段としても有効であり、第9版におけるバベル復活の原動力になった。

ライブラリーからしか探せない関係上、サーチしたいエンチャントを手札引いてしまうと困るので、師範の占い独楽/Sensei's Divining Topなどでライブラリーに戻せるようにしておくと確実。また歴伝のせいで余った手札やマナを再利用できるエンチャントも混ぜておくと効率がいいかもしれない。

  • 歴伝コピーが発生するのも、解決時にエンチャント探すのも強制であるが、これは条件付きの「探す」であるため、見つからなかったことにしてもよい。つまり、「エンチャントを(出したくなくても)出し続けなければならない」なんてことは無い。
  • 出したエンチャントをバウンスされると非常に厳しい。
  • これでオーラを探してきた場合、適正にエンチャントできるオブジェクトつけた状態で戦場に出る。これは「唱える」ではないので、呪文能力の対象にならないオブジェクトを選ぶことも適正である。ただし、そのオブジェクトが、そのオーラがもつ性質に対するプロテクションを持っている場合は、そもそもエンチャントできないので注意(プロテクションの定義に「エンチャントされない」が含まれている)。
  • 「エンチャントを選び、直接戦場に出す(オーラならば選んだ対象につける)」までが1つの効果解決が始まってしまえば割り込むことはできない。

2005年12月22日よりプリズマティック禁止カードに指定されたが、2008年12月10日より禁止が解除された。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

神河救済歴伝呪文サイクル。全てソーサリーで、いずれのカード名も「永劫」に類する意味の語を含む。

[編集] 参考

QR Code.gif