日本選手権

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

日本選手権(にほんせんしゅけん)/Japan National Championshipとは、国別選手権の1つ。イベント再編により2011年で一度廃止されたが、2017年に復活した。

目次

[編集] 概要

[編集] 2011年まで

1996年に世界選手権日本代表決定戦が行われ、翌年から毎年春から初夏まで地区予選が行われる。本戦は2004年までは6月ごろに行われていたが、2005年から世界選手権の日程の変化から8月下旬〜9月上旬に行われていた。2009年以降、7月に開催される。2009年と2011年は基本セットの発売直後と重なり、今後のメタゲームを占う重要な大会となった。

フォーマットはスタンダードドラフト。2001年までは初日にドラフト、2日目にスタンダードという日程であった。これだと初日の成績に応じてスタンダードのデッキを選べるという利点があったが、2002年は初日がスタンダード、2日目がドラフトと変更された。これは「実力者がリミテッドで挽回するチャンスが与えられる」とのこと。そして2003年からは「ジグザグフォーマット」(初日・スタンダード4回戦→リミテッド3回戦、2日目・リミテッド3回戦→スタンダード4回戦)で行われている。これは「片方のフォーマットのスペシャリストでなく、総合的な実力を備えたプレイヤーでないと勝ち上がりにくいようにしよう」という意図だという。

なお、開催地は前年の日本選手権優勝者の所属地域に決定される。これはRon Fosterのアイデアによる。

  • 国別選手権の中でも世界的にハイレベルな大会と言われている。
  • 日本ではThe Finalsと並ぶビッグイベントであった。

[編集] 2017年-2019年

ワールド・マジック・カップ予選を置き換える形で復活。フォーマットは再編直前の日本選手権とほぼ同じだが、2日制開催となり、2日目のスタンダード部門は4回戦から2回戦に短縮された。(参考1/翻訳)(参考2)

イベント再編によりワールド・マジック・カップが廃止された2019年には、ミシックチャンピオンシップの予選の一つという形で開催された。

[編集] 2020年

イベント再編と2019新型コロナウイルスの世界的流行によりMagic: The Gathering Arenaでの開催となり。秋・冬2シーズン形式で、それぞれのシーズンのトップ8、MPLおよびライバルズ・リーグプレイヤーと、ラストチャンストライアル優勝者が日本選手権ファイナルに招待されます(2020秋シーズンは『ゼンディカーの夜明け』チャンピオンシップの予選としても開催された)。

フォーマットは秋にスタンダード、冬にヒストリックを行う。

[編集] 歴代優勝者(括弧内はスタンダード使用デッキ)

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif