一面の視線/Eyes Everywhere

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Eyes Everywhere / 一面の視線 (2)(青)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、占術1を行う。
(5)(青):土地でないパーマネント1つを対象とし、それと一面の視線のコントロールを交換する。起動はソーサリーとしてのみ行う。


大量の目でライブラリーの一番上を覗き見するエンチャントフレイバー・テキスト通りに対戦相手の頭の中に押し付け、別のパーマネントコントロール交換する起動型能力も併せ持つ。

たまに現れる、アップキープの開始時占術を行うことでドローの質を向上させるカードの一種。これは戦場に直接触れられる一種の「置き除去」として機能するのが特徴。これを押し付けた後は相手のドローの質が向上してしまうが、交換してすぐに勝敗が決まるならデメリットは最小限に抑えられる。しかし起動コスト重くソーサリー・タイミングでしか起動できないため隙を晒しやすいのと、青マナが出せる対戦相手だとすぐに交換し直されてしまうため機能不全になるのが欠点。

登場時点のスタンダードにはより軽くドローエンジンに変化するアズカンタの探索/Search for Azcantaが存在しており、あえてこちらを優先する理由は無いだろう。アズカンタの探索が伝説のエンチャントで重ね張りできないことを理由に散らして採用する手も無くはないが、3マナというコストが足を引っ張りやすい。

リミテッドでは中盤から有効札を引き込み続けることで間接的にアドバンテージを稼ぐことができ、安定感が増す。起動型能力も単にクリーチャーを奪って盤面を優位にするだけでなく、出されるだけで負けに繋がる天上の赦免/Ethereal Absolutionを対処可能な点が大きく評価できる。先出ししておくとフィニッシャーを出しづらくなり、嫌な顔をされるだろう。場合によってはエンドカードになり得るが、例によってギルドパクトのスフィンクス/Sphinx of the Guildpact対象に取れないことはお忘れなく。逆にドラフト中にこれを見かけた場合、青マナを出せるギルドロケットをピックしておくとサイドボードから交換対策ができるので覚えておこう。

[編集] 参考

QR Code.gif