ロケット

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ロケット(Locket)は、ラヴニカのギルドで登場したマナ・アーティファクトサイクル。各ギルド/Guildに対応した2色マナを生み出すマナ能力と、その色の混成マナおよび生け贄起動コストとするカード引く能力を持つ。


Dimir Locket / ディミーアのロケット (3)
アーティファクト

(T):(青)か(黒)を加える。
(青/黒)(青/黒)(青/黒)(青/黒),(T),ディミーアのロケットを生け贄に捧げる:カードを2枚引く。


ドローに変換できるマナ・アーティファクトという点で、精神石/Mind Stoneに近い。導き石戦旗の系譜であり、起動コストとカードを引く枚数が増えた上位種的なポジションである。

コモンであり、リミテッドでは色マナの安定に一役買う。

  • 友好色のものは、カメオ上位互換である。
  • 2番目の起動型能力の起動コストを支払うために、1番目の起動型マナ能力から生成したマナを使用することはできない。両方の能力が起動コストとして自身のタップを要求するため。
  • 導き石同様、全てにフレイバー・テキストが添えられており、それぞれのギルドの性格が反映されていてなかなか趣深い。

[編集] 該当カード

[編集] ラヴニカのギルド

[編集] 参考

QR Code.gif