シャドウムーア・ブロック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

シャドウムーア・ブロック/Shadowmoor Blockは、シャドウムーアイーブンタイドの2つのエキスパンションからなるブロック

リミテッドでは独立したブロックとして扱われるが、構築ではこの前のローウィン・ブロックとセットでローウィン=シャドウムーア・ブロックとして扱われる。そのため、ブロック構築ローウィン=シャドウムーア・ブロック構築として行われ、スタンダードエクステンデッドにおけるローテーションもセットである。

[編集] 概要

明るく穏やかな「楽しいおとぎ話」の世界であったローウィン/Lorwynが、大オーロラ/Great Auroraによって暗く重苦しい「怖いおとぎ話」の世界へと変貌した姿が描かれる。

「ローウィン世界の反転」を描いており、デザイン上のテーマは(ローウィンでは部族のためにあえて軽視していた)「」。特に混成カードを前面に押し出している。

他にも、ローウィン・ブロックのタップ能力+1/+1カウンターに対して本ブロックではアンタップ能力-1/-1カウンターを扱ったり、ローウィンの部族を参照するロードシナジーに対してを参照するカードを多く登場させたり、ストーリー上の登場人物の役割を逆転させて再登場させたりなど、デザイン・ストーリーの両面でローウィンの要素を継続しつつも反転させていることを強く感じさせる作りになっている。

世界・イラスト設定が民話や古典的ファンタジーをモチーフにしているのはローウィンと同じだが、シャドウムーアの場合、ティム・バートンの映画(『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『コープス・ブライド』など)のイメージも意識されているとのこと。

新規キーワード能力は、共謀頑強萎縮回顧。新規能力語彩色。その他、混成マナ・シンボル-1/-1カウンターが復活し、単色混成マナ・シンボルアンタップ・シンボルが初登場している。

  • シャドウムーアでは友好色、イーブンタイドでは対抗色に焦点が当てられている。友好色・対抗色で10枚サイクルが複数作られるなど平等に扱われてはいるが、ローウィンのほうが収録枚数が多いことから必然的に友好色のほうが枚数が多くなっている。
    • Mark Rosewaterは、友好色を推奨した次の小型セットで急に対抗色という逆のテーマを推奨するのは、ユーザーに混乱を招く失敗だったと語っている(参考)。
  • ラヴニカ・ブロックでは、混成カードは(枚数が少なかったこともあり)色の組み合わせに関係なくカード名のアルファベット順にコレクター番号がつけられていたが、このブロックでは色の組み合わせでまず分けられている。
  • ローウィン同様、基本土地は10人のアーティストの1枚の絵を2つに分割している(壁紙)。

[編集] 参考

QR Code.gif