ローウィン=シャドウムーア・ブロック構築

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ローウィン=シャドウムーア・ブロック構築/Lorwyn-Shadowmoor Block Constructedは、ローウィンモーニングタイドシャドウムーアイーブンタイドに含まれるカードのみでデッキを構築するフォーマット

目次

[編集] 概要

ローウィン・ブロック部族をテーマとしていたため、部族シナジーを生かしたビートダウン系のデッキが多い。また、ヴィヴィッドランドハイブリッドランド、部族ランド、反射池/Reflecting Poolといったように多色地形が多く、デッキの多色化も盛んである。

環境最速を誇るウィニーデッキのキスキン、高い対応力を持ち環境随一の強力カード苦花/Bitterblossomを擁するクロック・パーミッションデッキの青黒フェアリーが二大勢力である。

ビートダウンはその他にも、サイズを重視した多色ビートダウンデッキのドラン、高速の赤単スライシャーマンのシナジーを組み込んだ赤単シャーマンマーフォークウィザード双方の恩恵を組み込んだクロック・パーミッションのマーフォークデッキなどが存在する。

コントロールデッキは、炎渦竜巻/Firespout質素な命令/Austere Commandなどの全体除去想起持ちクリーチャーとその場しのぎの人形/Makeshift Mannequinのシナジーなどでカード・アドバンテージを稼ぐ。前述したように多色化が容易なため、クイックントーストマネキンコントロールのようにコントロールデッキは多色デッキが多いが、一方で少数ながら白コントロールのような単色のコントロールデッキも存在した。なお、この環境でのマネキンコントロールは、概念の群れ/Horde of Notionsエレメンタルの部族シナジーを採用した「5色エレメンタル」の形を取る場合が多い。

コンボを主目的としたデッキは多くない。羽軸トゲ/Quillspike献身のドルイド/Devoted Druidなどのコンボを組み込んだビートダウンデッキが存在したが、あまり結果は残せなかった。

[編集] 禁止カード

禁止カードは存在しない。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] ビートダウン

[編集] コントロール

[編集] 代表的な大会と優勝者の使用デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif