エイトグ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

エイトグ/Atogは、クリーチャー・タイプの1つ。マジックオリジナルの種族である。


Atog / エイトグ (1)(赤)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:エイトグ(Atog)は、ターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。

1/2


Chronatog / 時エイトグ (1)(青)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

(0):時エイトグはターン終了時まで+3/+3の修整を受ける。あなたの次のターンを飛ばす。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。

1/2


Psychatog / サイカトグ (1)(青)(黒)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

カードを1枚捨てる:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。
あなたの墓地にあるカード2枚を追放する:サイカトグはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

1/2

初出はアンティキティーエイトグ/Atog。洒落(後述)で作られた単発の種族かと思われたが、ミラージュ森エイトグ/Foratogが登場。その後テンペストオーラトグ/Auratogまで1エキスパンション1エイトグのメガサイクルが作れらた。オデッセイでは6体の多色エイトグがサイクルとして登場している。アーティファクトがテーマのミラディン・ブロックでは元祖エイトグ/Atogが再録され、上位種のメガエイトグ/Megatogも登場した。

メガエイトグがいる分が1枚多いが、後は各色1枚、友好色2色各1枚、5色1枚と揃いが良い。

基本的に、特定のものを食べる生け贄に捧げる追放するなどリソース支払う)ことで一時的に強化される能力を持つ。ターンを食べる「時エイトグ/Chronatog」や、エイトグを食べる伝説のクリーチャーアトガトグ/Atogatog」も存在する。

[編集] エイトグ一覧

[編集] エキスパンションごとのサイクル

各色に対応したエイトグが存在する。エイトグ/Atog以外は、ミラージュ以降1体ずつ作られた。

[編集] オデッセイのサイクル

オデッセイに存在する友好色2マナと他1マナがマナ・コストのエイトグ。それぞれ、色の特色に合わせた2つの能力を持っている。

Atog breeding(WotC、英文)によれば、各エイトグ雑種はそれぞれの母親似の笑いをしていることがわかる。

[編集] 参考

QR Code.gif