オーラトグ/Auratog

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Auratog / オーラトグ (1)(白)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

エンチャントを1つ生け贄に捧げる:オーラトグはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。

1/2

エイトグエンチャント食べる。初代エイトグサイクルの中では最後に登場した。

テンペストが出た直後はカスレア同然だったが、ウルザズ・サーガエターナルエンチャントが出て一躍脚光を浴びた。→オーランカー

軽いので、白が入るタイプのエンチャントレスデッキで割と見かける。歌を食うもの/Cantivoreとコンビを組むこともしばしば。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

エイトグメガサイクル。元祖エイトグ/Atogを除き、ミラージュテンペストの各セットに1枚ずつ収録された。

元祖エイトグ/Atogの時点はサイクルとしてデザインされていなかったが、森エイトグ/Foratogにあたるカード(最初は森エイトグをエイトグにするつもりはなかった)をデザインしている最中、それがエイトグのバリエーションであることに気づき、ミラージュから各セット1枚ずつ、5色揃うまで出ることになった(参考)。

[編集] 参考

QR Code.gif