アトガトグ/Atogatog

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Atogatog / アトガトグ (白)(青)(黒)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — エイトグ(Atog)

エイトグ(Atog)・クリーチャーを1体生け贄に捧げる:アトガトグはターン終了時まで+X/+Xの修整を受ける。Xは、生け贄に捧げられたクリーチャーのパワーに等しい。

5/5

エイトグ食べる伝説のエイトグ。各にまたがって存在するエイトグの頂点に立つだけあってすべての色を持ち、食べたエイトグのパワーの分だけ修整を受ける能力、そしてイラスト、どこをとってもエイトグが溢れている。

エイトグ一族の標準サイズは小さいので、たいていは餌となるエイトグのほうにも何かを食べさせてパンプアップさせてから食べることになるだろう。そのため餌のチョイス次第で間接的に「何でも食べられるエイトグ」という見方もできる。

除去耐性回避能力も持っていないため、大量のリソースをパンプアップにつぎ込んだはいいがころりと除去されたりチャンプブロックでしのがれたりしやすいのが欠点。また食べる前後で戦場の合計パワーは変化しないため、食べる意味がない状況も少なくない。実用性よりはデザインを重視したファンカードという印象が強い。

  • 能力のコストとしてこれ自身を生け贄に捧げてもよい。通常はそんなことをしても意味は無いが、コントロールを奪われそうになったり、追放されそうになったりした時にそれらから逃れることができる。
  • カード名もよく見ると「atog + atog」になっている。日本語版だと少し分かりづらいのが残念。
  • フレイバー・テキストもなかなかブラックな洒落が効いている。アトガトグが好んで食べる「家庭の味(Family meal)」は、家庭料理のことではなさそうだ。
あいつは昔ながらの家庭の味が好きなんだよ。

[編集] 参考

QR Code.gif