急かし/Quicken

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Quicken / 急かし (青)
インスタント

このターン、あなたが唱える次のソーサリー・カードは、それが瞬速を持っているかのように唱えられる。(それは、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えることができる。)
カードを1枚引く。


ソーサリーカードインスタント・タイミング唱えられるようにするカード。

ソーサリーには強力なカードが多いが、その分隙が大きいという難点がある。このカードはその隙を埋めてくれる、というわけである。例えば、青白コントロール神の怒り/Wrath of Godをインスタント・タイミングで唱えることができれば、よくありがちな後続がカウンターできなくて押し負ける、というパターンを回避できる。

急かすソーサリーがなくても、空撃ちして1マナ1ドローとして使うことができるため腐ることがないのも利点。ラヴニカ・ブロックが利用できた頃のスタンダードではこの効果にのみ注目されてウィー=ゼロックスに投入されていた。基本セット2014での再録後は、至高の評決/Supreme Verdict次元の浄化/Planar Cleansingとの相性を買われて青白コントロールに採用されることがあった。

[編集] ルール

  • 急かしの解決後にソーサリー・カードを唱える場合、インスタント・タイミングでのプレイを「適用しない」ことは選べない。普通にソーサリー・タイミングでそれを唱えたり、手札以外の領域から唱えた場合でも急かしの効果は「適用」される。
    • 複数の急かしが解決されていたなら、それらは全て次に唱えるソーサリー・カードに適用される。
  • 急かしの解決後は、待機を持つソーサリーをインスタント・タイミングで待機できる。この場合は呪文を唱えたことにならないので連続してソーサリーを待機することもできる。

[編集] 関連カード

[編集] 参考

QR Code.gif