イクサランの束縛/Ixalan's Binding

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ixalan's Binding / イクサランの束縛 (3)(白)
エンチャント

イクサランの束縛が戦場に出たとき、対戦相手がコントロールしていて土地でないパーマネント1つを対象とする。イクサランの束縛が戦場を離れるまでそれを追放する。
対戦相手は、その追放されたカードと同じ名前を持つ呪文を唱えられない。


払拭の光/Banishing Lightの亜種。1マナ重くなった代わりに、追放したカードと同名の呪文唱えることを禁止する能力が付いた。

同名の呪文を唱えさせない効果が意味を持つかは状況によるが、上手く決まれば事実上の手札破壊のように機能する。幅広い勝ち筋を持つデッキに対しては一時凌ぎにしかならないこともあるが、特定のキーカードに大きく依存したデッキに対してはこれ1枚で勝ち筋を潰すことも不可能ではない。

同時期のスタンダードにはマナ・コストが同じで瞬速サイクリングを持つ排斥/Cast Outがあり、取り回しの良いそちらの採用率が高いが、青白コントロールでは併用される例もある。スカラベの神/The Scarab Godや各種プレインズウォーカーなど、相手のデッキの中核になるパーマネントを封殺できるため、信頼感が高い。ローテーションラヴニカのギルドが参入すると、召集付きでより軽く唱えやすい議事会の裁き/Conclave Tribunalが登場。どちらも絡みの幅広いデッキで採用され、併用しているデッキリストも見られるが、議事会の裁きはメインから採用される傾向があるのに対し、イクサランの束縛はサイドボードから搭載されることが多い。

多くの脅威に対応できる汎用性の高い除去であり、リミテッドでは単純に優秀。

  • 過去の同様のコンセプトのカードとしては排他の儀式/Exclusion Ritualがあった。イクサランの束縛は除去された際のリスクと引き換えに、実用的な範囲まで軽くなったと言える。
  • 自分がイクサランの束縛を先出しすると、対戦相手のイクサランの束縛で追放され、こちらの2枚目以降のイクサランの束縛を一方的に封殺されてしまう可能性がある。そのため、どちらが先にイクサランの束縛を切るかという駆け引きが発生することもあり得る。

ルール

ストーリー

イクサラン注目のストーリーの1枚目。

ニコル・ボーラス/Nicol Bolasとの戦いで精神を攻撃され、反射的にプレインズウォークで逃走したジェイス・ベレレン/Jace Belerenイクサラン/Ixalanの無人島で目覚めた。記憶喪失のジェイスが無意識のうちにプレインズウォークしようとしたところ、何らかの力で元の場所に引き戻されてしまう。息を切らす彼の頭上には、円と三角形のシンボルが輝いていた(イラスト[1]

  • 日本語版のフレイバー・テキストはやや誤訳気味。lostには「途方に暮れた、放心した」の意味もあるが、ここでは「道に迷った、行方不明の」の意味だと思われる。また、awake to 〜〜は「目覚めて〜〜した」とも訳せるが、ここでは「〜〜だと気付いた、悟った」の方が自然。「ジェイスは、自分が迷子だという確信を得た」といったところだろう。
Jace awoke to the certainty that he was lost.
意識を取り戻したとき、ジェイスはただ途方に暮れるだけだった。

脚注

  1. Jace, Alone/孤独のジェイス(Magic Story 2017年9月6日 R&D Narrative Team著)

参考

QR Code.gif