Alexander Clamilton

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Alexander Clamilton (2)(青)
伝説のクリーチャー — クラムフォーク(Clamfolk)・アドバイザー(Adviser)・レベル(Revel)

あなたが語数の多い呪文を唱えるたび、占術2を行う。(ルール文章が4行以上の場合、それは語数の多い呪文である。)
(1)(赤),(T):あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。ターン終了時まで、Alexander Clamiltonは+X/+0の修整を受ける。Xは公開されたカードのルール文章の行数に等しい。Alexander Clamiltonはそのクリーチャーと格闘を行う。

0/4

アーティスト:Dmitry Burmak


ルール文章が長いカードシナジーする能力を持つ伝説のクラムフォーク

基本のパワーが0のため他の強化無しで格闘で相手を倒せるかはライブラリーの一番上次第になるものの、1つ目の能力である程度修整値を担保できるため小型クリーチャー相手なら繰り返し使える除去として悪くない。デッキ構築の段階で基本土地バニラクリーチャーを出来るだけ排し、効率を高めたい。統率者として使う場合はアンタップ手段を用意して攻撃に使ったり投げ飛ばし/Flingするなど他の活用手段も用意したい。

[編集] ルール

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

Unsanctionedレア伝説のクリーチャーサイクル起動コスト対抗色色マナを含む起動型能力を持つ。括弧内は順にマナ・コスト、起動コストの色。

このサイクルは、Unstableの「友好色銀枠統率者サイクル(大演算器/The Grand Calcutronなど)」に続く、「対抗色の固有色を持つ銀枠統率者」として作られた。Unsanctionedは単色ハーフデッキを組み合わせて遊ぶ製品なので、いずれも「2つ目の色」が使えなくても機能するデザインになっている(Un-Boxing, Part 1/『アン』の箱詰め その1)。

[編集] 開発秘話

このカードアングルードへの先祖返りとなる、新たなクラムフォークの1枚として作られた。名前の元ネタはファウンディング・ファーザーズの一人、アレクサンダー・ハミルトン(Alexander Hamilton)。

まずカード名にふさわしいClamを使ったダジャレを募集するところからデザインを始めた。伝説のクリーチャーサイクルの1枚にするためには、単色能力を持つ必要があった。ハミルトンは合衆国憲法など様々な文書の執筆に関わったことで有名なので、Frazzled Editorゴミの精霊/Garbage Elementalが持っていた「wordy(語数の多い)」に関する能力が与えられた。また彼は決闘で死んだことでも有名なので、赤の能力は格闘を行うものになった。さらにこの2つの能力を関連づけることが提案され、全体として「ルール文章が長いデッキ」を推奨するデザインになった[1]

[編集] 脚注

  1. 1.0 1.1 Un-Boxing, Part 1/『アン』の箱詰め その1Making Magic 2020年2月10日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif